東京メトロ東西線で東京都心に30分圏内にある市川市相之川一丁目

市川市相之川一丁目は東京メトロ東西線「南行徳」駅の北側に広がる。この付近は1981(昭和56)年の「南行徳」駅開業以降に住宅地の開発が進み、ショッピング施設も充実。暮らしやすいベッドタウンとして成長を遂げた。

「行徳船」の拠点として発展

旧江戸川には今の江戸川区今井に向かう「今井の渡し」もあった
旧江戸川には今の江戸川区今井に向かう「今井の渡し」もあった

江戸時代、現在の相之川一丁目の北側を流れる旧江戸川沿いには「行徳船」の拠点となる河岸が設けられていた。「行徳船」は行徳にあった塩田で生産された塩を江戸に運ぶために整備された航路で、その後、江戸の暮らしを支える食料や物資を運ぶとともに、当時流行していた成田山詣での足としても利用されるようになった。

行徳の河岸からは行徳街道など各地に主要道路も延び、交通の要衝としてもにぎわっていたという。現在も行徳街道沿いには古い街並みが残るなど、歴史を感じられるスポットが多い。

東京メトロ東西線のほか都営地下鉄新宿線も利用可能

東京メトロ東西線の「南行徳」駅
東京メトロ東西線の「南行徳」駅

「南行徳」駅に近い相之川一丁目は交通アクセスの利便性も魅力になる。「南行徳」駅から東京メトロ東西線に乗れば、「日本橋」駅までの所要時間は約20分、「大手町」駅へは約21分と短く、東京都心へ30分でアクセスできる。また、今井橋を渡れば都営新宿線の「一之江」駅も徒歩圏内となり、「新宿」駅方面には「一之江」駅から都営新宿線を利用するとよい。

エリア付近の「広尾・相之川」停留所には「南行徳」駅や「妙典」駅などを経由するコミュニティバス「わくわくバス」南部ルートが停車し、運賃も150円と利用しやすい。「相の川1丁目」停留所からも「南行徳」駅や「新浦安」駅に向かうバスが利用でき、目的地によってはバスの利用も便利だ。

近隣にスーパーマーケットが揃う

アコレ 相之川2丁目店
アコレ 相之川2丁目店

相之川一丁目周辺には「アコレ 相之川2丁目店」や「ヤマイチ 南行徳店」など日常の買い物に便利なスーパーマーケットが充実し、買い物の利便性も高い。

「南行徳」駅周辺にも「南行徳メトログルメ・ショッピングセンター」や「マルエツ 南行徳店」、「ピカソ南行徳駅前店」といったショッピング施設があり、電車を利用した際の買い物に利用できる。

子育て支援や子育て施設に恵まれた街

市川市は子育て支援が充実していることでも知られている。1歳6か月児と3歳児を対象に健康診査を実施しているほか、任意接種の予防接種への補助も行っている。子ども医療費助成は中学3年生まで対象となり、入院は1日300円、通院は1回300円の負担で済むことも安心だ。

遊戯室に幼児向けのおもちゃが揃う「相之川こども館」
遊戯室に幼児向けのおもちゃが揃う「相之川こども館」

相之川一丁目周辺も「和光幼稚園」や「広尾みらい保育園」など幼稚園や保育施設が揃い、子どもの遊び場として人気の「相之川こども館」も近く、子育てしやすい環境に恵まれている。

公園や遊歩道が充実

豊かな緑が広がる「広尾防災公園」
豊かな緑が広がる「広尾防災公園」

相之川一丁目周辺には子どもの遊び場や地域の憩いの場として親しまれている公園が多い。2010(平成22)年には防災機能を備えた「広尾防災公園」も開園した。この公園に隣接する旧江戸川には「緊急用船着場」の整備も進められており、災害時の対策という点でも心強い。

水辺の散策を楽しめる「旧江戸川遊歩道」
水辺の散策を楽しめる「旧江戸川遊歩道」

相之川一丁目周辺では旧江戸川沿いに造られた「旧江戸川遊歩道」をはじめ、「内匠堀プロムナード」や「行徳ふれあい周回路」など多くの遊歩道が整備されており、散策スポットにも恵まれている。

地下鉄2路線を利用可能で、緑と水の潤いが心地よい市川市相之川一丁目。ここでは穏やかな日々を過ごせそうだ。