市川市田尻エリア概要コラム

便利な東京メトロ東西線「原木中山」駅近くに広がる市川市田尻三丁目

市川市田尻三丁目は、東京メトロ東西線「原木中山」駅の西側に広がる。駅に近く、電車を利用しやすい上、買い物などの利便性も高く、暮らしやすい住宅地が広がる。

行徳街道沿いの集落として発展

このエリア付近は古くは田尻村と呼ばれており、江戸への物資を運んでいた「行徳船」の拠点として栄えていたという。また、行徳からは船橋方面へ向かう行徳街道や、利根川の河岸へ通じていた木下街道など当時の幹線道路が集まる交通の拠点であった。

集落以外では水田が広がっていた田尻三丁目は、1960(昭和35)年に京葉道路が開通すると倉庫や工場などが多数進出。1969(昭和44)年の営団地下鉄(現・東京メトロ)東西線開通により「原木中山」駅が開業すると、住宅地の開発が始まった。近年は産業構造の変化もあり工場や倉庫の移転が相次ぎ、跡地にマンションやショッピング施設が誕生。さらに暮らしやすい住宅地として進化している。

市川市生涯学習センター(メディアパーク市川)
市川市生涯学習センター(メディアパーク市川)

エリア北側にある「ニッケコルトンプラザ」も高度経済成長期に活況を呈した工場のひとつ「日本毛織 中山工場」があった場所だ。現在、工場の跡地には「ニッケコルトンプラザ」のほか「生涯学習センター(メディアパーク市川)」や「千葉県立現代産業科学館」、「市川市文学ミュージアム」といった公共施設が整備され、近隣住民に暮らしの利便性というメリットをもたらしている。

東京メトロ東西線で東京都心へ直結

田尻三丁目を暮らしの場として考えると、交通の利便性に恵まれていることが大きな魅力になる。「原木中山」駅から東京メトロ東西線を利用すれば、「大手町」駅や「日本橋」駅までダイレクトアクセス。東京メトロ東西線は東京メトロ副都心線以外の東京都内のすべての地下鉄線に接続する便利な路線で、東京都心部の各方面へスムーズにアクセスできる。エリアの北側、徒歩圏内にはJR総武線の「下総中山」駅もあり、目的地によって使い分けることも可能だ。

国道14号をはじめ湾岸道路など、周辺に幹線道路が多いことから、自動車も使いやすい。京葉道路「市川」IC、東関東自動車道「湾岸市川」IC、首都高速湾岸線「千鳥町」出入口も近く、高速道路・有料道路に短時間でアクセスできるため、ベイエリアのレジャースポットへの移動もスムーズだ。また、2009(平成17)年には「市川」IC付近から湾岸道路間の国道298号が暫定開通したほか、東京外環自動車道も2017(平成29)年度の開通を目指して整備中で、今後のさらなる利便性向上も期待できる。

スーパーマーケットから大規模ショッピング施設まで恵まれた買い物環境

ニッケコルトンプラザ
ニッケコルトンプラザ

暮らしの場に欠かせないショッピング施設にも恵まれている。エリア周辺には「ヤオコー 市川田尻店」や「ケーズデンキ 市川インター店」など大型ショッピング施設が集まるほか、エリアから北側に向かえば、シネマコンプレックスなど多彩な施設がある「ニッケコルトンプラザ」もある。

ワイズマート 原木中山店
ワイズマート 原木中山店

「原木中山」駅周辺にも「ワイズマート 原木店」や「ドラッグストア マツモトキヨシ 原木中山店」といったショッピング施設があり、電車を利用した際の買い物に便利。毎月第一土曜日には「原木中山」駅の北側で「原木中山朝市」が開かれており、新鮮な食材を手に入れることができる点もうれしい。

子育て・教育施設、公共施設も充実

「信篤こども館」、「わたぐも・こどもセンター」といった子育てファミリーにうれしい施設が揃い、子育ての場としても恵まれた環境といえよう。幼稚園、保育園、塾・習い事施設などもエリア近隣に揃い、安心して通わせることができる。

市川市立信篤小学校
市川市立信篤小学校

田尻三丁目の通学指定校である「市川市立信篤小学校」は1873(明治6)年開校の「行徳小学校原木分校」が前身という伝統校で、校名は『論語』に由来するということからもその歴史がうかがえる。この学校は音楽部の活動が盛んなことでも知られている。

市川市立信篤図書館
市川市立信篤図書館

エリア周辺には、「原木中山」駅周辺には「市川市立信篤図書館」や「市川市役所 信篤窓口連絡所」、「市川市 信篤市民体育館」など公共施設が多く、行政手続きや公共サービスの利用がしやすい。歯科、小児科などかかりつけに便利なクリニックが揃っているのも心強い。

江戸川の水と風情ある境内林が身近な街

田尻日枝神社
田尻日枝神社

田尻三丁目周辺は自然に親しめるスポットも多い。行徳街道沿いの「田尻日枝神社」や「原木山妙行寺」では風情ある境内林が残り、周辺の街並みにも潤いが感じられる。

また、江戸川河口一帯は釣りの名所としても有名で、エリア周辺には船宿も多く、気軽に釣りを楽しむことが可能だ。江戸川河口に広がる湿地は、準絶滅危惧種にも指定されているトビハゼの日本での北限の生息地という貴重な場所で、バードウォッチングも楽しい。

少し足を伸ばせば、「東京ディズニーリゾート」をはじめ「葛西臨海公園」や「QVCマリンフィールド」などベイエリアのレジャー施設が多数。「ららぽーとTOKYO-BAY」や「IKEA Tokyo-Bay」、「イオンモール幕張新都心」といった大型ショッピングセンターでは、買い物ついでに映画なども楽しめる。

暮らしの利便性に加え、休日のレジャーも楽しい市川市田尻四丁目エリア。この街では、充実した日々を過ごせそうだ。