昭和の香り漂う自家焙煎コーヒーの店

カフェ&ギャラリー呂久呂(ろくろ)

 

イエローの窓枠が印象的な、レトロでポップなファサード
イエローの窓枠が印象的な、レトロでポップなファサード

千葉銀座商店街の一角にある「カフェ&ギャラリー呂久呂」は、昭和の雰囲気がただようレトロなカフェ。照明を抑えた店内にはジャズのBGMが流れ、自由に読める雑誌が置かれていて、自家焙煎のコーヒーやケーキ、ビーフシチューやハンバーグが楽しめる。

 

展示販売されている、陶芸作家の手による器の数々
展示販売されている、陶芸作家の手による器の数々

店内には展示販売されている陶器が並ぶ他、コーヒーを注文すると一つひとつ違う陶器で出してくれる。店名は、陶芸に用いられる轆轤(ろくろ)の当て字。「気軽に陶芸作品に接してもらいたい」という先代の想いが込められている。

キッチン周りの棚には、お皿やカップがぎっしり
キッチン周りの棚には、お皿やカップがぎっしり

年季の入った木製の棚やテーブル、キッチン周りの雑多な感じが、居心地のいい空気を作り出している。ゆったりすわれるソファ席もあり、自宅のようにくつろげるためか、休日には家族連れの姿も見かける。

「カレージャンボトースト(卵・チーズのトッピングで1,300円)」
「カレージャンボトースト(卵・チーズのトッピングで1,300円)」

昔からメニューにあった「カレージャンボトースト」がTVの人気番組で取り上げられたこともあって、最近は高校生も来る。レトロな雰囲気に惹かれて来るOLなどもいて、確実に若いファンを増やしている。

入口近くにあるコーヒーの焙煎機と、コーヒー豆の入った瓶
入口近くにあるコーヒーの焙煎機と、コーヒー豆の入った瓶

自家焙煎のコーヒー豆は、テイクアウトも可能。「米粉のシフォンケーキ」や「ごまとバナナのケーキ」といった手作りのケーキも人気で、こちらも買って帰ることができる。

カフェ&ギャラリー呂久呂(ろくろ)
所在地:千葉県千葉市中央区中央3-4-10 
電話番号:043-224-5251
営業時間:10:00~20:00(10:00~11:00はモーニングタイム)
定休日:水曜日
※自家焙煎コーヒー豆の販売あり
http://rokuro.cafe

詳細地図