HOME Pickup 環境・公園 千葉県立北総花の丘公園

千葉県立北総花の丘公園

北総花の丘公園

「千葉県立北総花の丘公園」は2000(平成12)年の開園、総面積50ヘクタールの、千葉ニュータウン地区で最も大きな都市公園。最寄り駅は北総鉄道北総線・京成成田空港線「千葉ニュータウン中央」駅で、そこから徒歩で10分ほどだ。園内は、大きな調節池を中心に5つのゾーンで構成。公園南部に広がる緑の景ゾーン(Eゾーン)は、地形や緑をそのまま活かした自然色豊かなゾーンになっており、谷間に設けられた自然生態園では水辺の動植物を観察することができる。休日には、弁当を持った家族連れの姿が多く見られ、散歩やジョギングコースとしても人気が高い。

千葉県立 北総花の丘公園

園が掲げているテーマは、「植物を通じての文化、情報とコミュニティーの発信」。これは、従来の公園が持っている「集い」「遊ぶ」の機能に、「学ぶ」をプラスしようというもの。その一環として、温室をイメージした総ガラス張りの「花と緑の文化館」が都市の景ゾーン(Bゾーン)に設置されており、緑の相談所や講習室、多目的室として使われている。また、花と緑にまつわるイベントにも利用されており、緑に関する文化や情報とコミュニティーの発信基地としても期待されている。

千葉県立北総花の丘公園
所在地:千葉県印西市原山1-12-1 
電話番号:0476-47-4030(北総花の丘公園管理事務所)
■自然生態園
 開園時間:9:00~16:30
■花と緑の文化館
 開館時間:9:00~17:00
 休館日:第2水曜日、年末年始(12月28日~1月4日)
http://www.cue-net.or.jp/kouen/hana/

HOME Pickup 環境・公園 千葉県立北総花の丘公園

PAGE TOP