ちはら台の人と街を結ぶ緑のプロムナード

かずさの道

京成千原線「ちはら台」駅の駅前から続く「かずさの道」は、ちはら台地区の中央を縦断し、ちはら台東9丁目まで続く、全長約4キロメートルの歩行者専用道路。

「ちはら台」駅前から続く
「ちはら台」駅前から続く

沿道には大きな木々が茂り、春の桜も有名で、この道の両側に植えられている桜が咲き誇り、桜のトンネルを楽しむ人たちで賑わいを見せる。

春には桜が楽しめる
春には桜が楽しめる

モニュメントやベンチの置かれた広場もある空間は、住宅地と公園、教育施設、駅などをネットワークでつなぐ役割を果たしており、地元住民には通勤や通学、ジョギング、散歩などに利用され、無くてはならない存在になっている。通り沿いの住宅街の中には、おしゃれな喫茶店などもあり、散歩の合間に休憩に立ち寄ることも可能。桜の時期には、お茶を飲みながらお花見も楽しめる。

 

ただの道に留まらない憩いの場所
ただの道に留まらない憩いの場所

道沿いには池のある公園もあり、少し寄り道して水の生物を観察するという楽しみ方もできる。

車も来ないためのんびりと散歩できる
車も来ないためのんびりと散歩できる

道幅20mという壮大な緑のプロムナードは、日々の暮らしを潤す憩いのスポットというべき場所となっている。

かずさの道
所在地:千葉県市原市ちはら台西2 ほか 

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ