ちはら台で過ごすシニア夫婦の休日

2007(平成19)年に開発が完了したニュータウン・ちはら台。約370ヘクタールの広大な地に、鉄道や道路からショッピング施設、医療施設など、きめ細やかな整備がされている。暮らしの利便性が高くも、豊かな自然が残された街で快適な毎日を過ごす、あるシニア世代のご夫婦の休日をご紹介します。

時計

8:00

夫婦でのんびり朝食

「ちはら台」駅
「ちはら台」駅

朝、のんびり起きて夫婦で朝ご飯を食べる。ゆったりとした景色を見ながら、どこに行こうかと計画を立てる。 「ちはら台」駅が近くて便利なので、気軽に遊びにいくことができる上に、家族や友人もよく遊びに来てくれる。

時計

10:00

「かずさの道」を散歩

「Pooch」
「Pooch」

「ちはら台」駅近くの有名なパン屋さん「Pooch」へ行って、午後に遊びに来る子どもたちへのお土産を買ってこよう。そのまま夫とふたりで「かずさの道」をのんびり散歩。駅から続く全長約4キロメートルのこの道は、歩行者専用なのでいつでも安心して散歩できる。

時計

10:00

「大岬公園とかずさの道」
「大岬公園とかずさの道」

他にも、近くの「ちはら台公園」にはスポーツ広場やテニスコートなどもあり、健康のために体を動かす場所がすぐ近くにあるのも嬉しい。 他にも公園がたくさんあるので、孫もよく遊びに来るようになった。

時計

13:00

「unimoちはら台」でショッピング

「unimoちはら台」
「unimoちはら台」

今日は息子夫婦が家族を連れて遊びに来た。近くに大型ショッピングセンター「unimoちはら台」があるので、息子夫婦は買い物へ。その間、わたしは孫と一緒に映画を観に行くことにした。

時計

18:00

家族みんなでディナーを楽しむ

「le Bleu」
「le Bleu」

せっかく息子家族が遊びにきてくれたので、今夜はみんなでディナーを楽しむことに。一軒家レストラン「le Bleu(ルブルー)」で絶品イタリアンを味わう。

時計

21:00

温泉でほっと一息

施設内温泉
施設内温泉

息子家族と別れ、家に帰って一息つく。やはりのびのびできる天然温泉の大浴場は大きな魅力。湯冷めすることなく行き来できるのが嬉しい。賑やかだった1日の疲れもスーッととれていく。

時計

22:00

就寝

「本千葉カントリークラブ」
「本千葉カントリークラブ」

ここに引っ越してきてから息子家族もよく遊びに来るようになり、孫の成長も近くで見ることができるので嬉しい。次の休日は、サークルの友人たちと「本千葉カントリークラブ」でゴルフを楽しむ予定。

<一言>

身近に緑あふれるニュータウンであるちはら台は、私たち夫婦が穏やかな時間を過ごすのにぴったりの住環境です。それでいて鉄道やショッピング施設がきちんと整備されて、不便を感じることなく生活ができます。最近できたショッピングセンターのおかげで、息子家族も買い物がてらにと、よく立ち寄るようになりました。本当に暮らしやすい街だと実感する毎日です。