Boulangerie Queue(ブーランジェリークー)

Boulangerie Queue(ブーランジェリークー)

船橋日大前」駅より徒歩4分。「坪井近隣公園」へと向かう整備された町並みに心地良い芝生がひろがる一軒のお店を発見した。子ども連れのファミリーや散歩途中のご夫婦、通学途中の学生や遠方から訪れたドライブ中のカップルなど、人の波は途切れること無く多くのファンが集うまさに名店の賑わいだ。

ブーランジェリークー

列に並び木の扉を開け店内へと足を踏み入れると、木の温もりがあふれる3坪ほどの空間に焼きたてのパンがずらりと並べられていた。バゲットやリュスティックなどのハード系のパンからサンドイッチ、調理パン、菓子パンやデニッシュ、食パンに至るまで種類も豊富で100種ほどの商品が提供されている。

ブーランジェリークー 店内

曜日や季節によってもラインナップが変わるようで、バラエティー豊かな商品を前に買い物をするお客さんの表情も期待と幸せとに満ちている。こぢんまりとした空間のため、お互いすれ違うお客さん同士のかけ合う言葉も心地良く、常連客と気兼ねなく会話するスタッフとの距離感も町のパン屋さんならではの親近感にあふれている。

平成21(2009)年のオープンより“ハード系のパン屋”として口コミで評判が評判を呼び、パンマニアをも唸らせる人気店として広くその名が知れ渡るようになった「Boulangerie Queue(ブーランジェリークー)」だが、お店の魅力はハード系のパンにとどまらない。

クリームパン

お店の入口そばにある7種の「あんぱん」やずっしりと重量感のある「クリームパン」、ジャムと生クリームをはさんだ「おしりパン」などやわらかい食感のパンも評判が高く、パン職人の幅広い技術とセンスに裏打ちされた懐の深さにこそ同店の魅力を感じることができた。

1個70円の「あんぱん」は、こしあん、小倉あんをはじめ、あまぐりあんやさつまいもあんもあり、手のひら大のひと口サイズが「もうひとつ食べたい」と衝動を駆り立てる。口のなかでなめらかに溶けるパンとあんこのさわやかな甘みが絶妙で、和菓子屋では表現できないパン屋ならではの味にすっかり虜になってしまった。

アンチョビオリーブバゲット

ハード系のパンももちろん、オリーブの実をたっぷり生地に練り込んだ「アンチョビオリーブバゲット」(390円)や、季節の食材を用いた「青じそベーコンチーズリュスティック」(390円)など個性のあるパンも多く、焼かずにそのままでも食べやすい食感はハード系に馴染みの無い人でも食べやすい。

商品を購入すると手渡される「パンの美味しい食べ方」と記されたB5サイズの手書きのメッセージには、パンの保存方法や材料についての記述もあり、パンについて学びながらより美味しい食べ方を追求できるのも地域性を見つめた同店ならではのアイデアだ。一緒に手渡されるメニューの一覧を眺めながら、次回はどれを食べてみようかと期待で胸がいっぱいになる。

商品は売り切れ次第閉店となるため、閉店時間間際の来店は事前の電話がおすすめ。ブログには臨時の休業日や新商品についての情報などもありチェックしてから訪れたい。

※本文内の価格等は掲載時のものです。変更している場合がありますのでご了承ください。

Boulangerie Queue(ブーランジェリークー)
所在地:千葉県船橋市坪井東2-14-27 
電話番号:047-497-8340
営業時間:【通常】7:00~18:00【7月・8月】6:00~15:00(※いずれもパンが無くなり次第閉店)
定休日:火曜日、水曜日のほか、月に一度臨時休業日あり
http://ameblo.jp/qqky66rm9/

詳細地図

完成予想CG

PR

Garden&Garden 『ルフォンソレイユ船橋美し学園』

水と緑、陽と笑顔の暮らし。

サンケイビルと阪急不動産がともに創出するマンションプロジェクト。
庭園の街に、自然をつなぎ、家族をつなぎ、街をつなぎ、都市をつなぐ、
新しい家族の物語が描き出されます。


TOP