評判のおしどり夫婦が営む街の愛されイタリアン「PANNACOTTA」

「船橋」駅から徒歩8分ほど、大通りを入った路地の一角にある夫婦で営む街の創作イタリアン「PANNACOTTA」。2010(平成22)年のオープン以来、おいしい料理とご主人と奥様の明るく誠実な人柄が評判で、近隣住民をはじめ地元の方々に親しまれ続けているお店だ。そんな人気店を営むお二人に、お店のことや船橋の街の魅力を語っていただきました。

「PANNACOTTA」店主の鈴木 康弘さん
「PANNACOTTA」店主の鈴木 康弘さん

夫婦二人の住み慣れた街に念願のお店をオープン

――「PANNACOTTA」は、どのようなお店でしょうか?

ご主人:イタリアンベースの“カフェめし屋”です。イタリアで愛され続けているお菓子「パンナコッタ」のように、お客様に末永く愛され続けるお店になるようにという願いを込めて、この店名を付けました。

入口の洒落た赤いドアが目印のお店
入口の洒落た赤いドアが目印のお店

――船橋にお店を構えた理由を教えてください

ご主人:私たち二人の地元だったからが一番の理由ですが、やはり住み慣れた場所だったということが大きいですね。別の街でもよかったのかもしれませんが、お店を持つのだったら愛着があり、暮らしやすい街がよいと思っていました。お店にいらっしゃってくださるお客様はもちろん、街には温かい方が多く、子どもを育てるのにも良い環境なので、船橋にお店を開いて良かったと思っています。

木製の家具が配備された温かく可愛らしい店内
木製の家具が配備された温かく可愛らしい店内

お客様は地元住民中心、地域密着型のお店

――お店のこだわりはどのような所でしょうか?

ご主人:なるべく地産地消でありたいと思っていて、食材の半分くらいは地元のものを取り入れています。最近は船橋の農家さんたちが、新しい野菜作りにも挑戦し始めているので、いろいろな料理で地元の食材を使えるようになっています。

――お店のおすすめのメニューを教えてください。

ご主人:日によって内容が異なるんですが、おすすめは黒板に書いてあるメニューです。定番メニューの中では「パイ生地ピッツァのサラダ仕立」と「ティラミス」が人気です。ピッツァは、甘すぎないパイ生地ピザを考案して改良を重ねたメニューです。野菜がたっぷりでヘルシー、そしてボリュームのあるお店のオリジナルメニューです。ティラミスは通称「邪道ティラミス」と名付けているのですが、定番のマスカルポーネチーズを使わずにオーストラリア産のチーズを使っています。 それから、私がおすすめしたいのが「旬菜たっぷり温玉のってる牛肉ドリア溜り醤油風味」です。私の思い出の味が「すき焼き」なんですが、うちではすき焼きの時だけ父親が味付けをしていました。その味を目指した“洋風すき焼き丼”になります。

サクサクのパイとドレッシングの酸味が相性抜群「パイ生地ピッツァのサラダ仕立」
サクサクのパイとドレッシングの酸味が相性抜群「パイ生地ピッツァのサラダ仕立」

奥様:スタンダードメニューのほかに、アニメや映画、絵本に出てくる料理の再現というのもあります。「あのアニメに出てきたアレが食べたい!」というお客様からの要望があって、作り始めたメニューです。ジブリ、ハリーポッター、ワンピース、はらぺこあおむし等、いろいろやったりしてきましたね。夜はお酒を提供していますが、ワンピース風のお酒が飲みたいというリクエストもあり、ファンのお客様からイメージカラー等を聞いて作ったカクテルもあります。カクテルは、ノンアルコールも入れて70種類以上あるんですが、お酒を飲まれない方も多いのでノンアルコールカクテルを充実させています。

ネーミングも効いている人気の「邪道ティラミス」
ネーミングも効いている人気の「邪道ティラミス」

カクテル等のドリンクメニューも豊富
カクテル等のドリンクメニューも豊富

――メニューはどのように考えられているのですか?

ご主人:僕がメニューを考えて、隊長である奥さんにチェックをしてもらうんですが、隊長のチェックは本当に厳しくて、途中で「やっぱりやめた、この料理」ってなったりします。

奥様:その通りです(笑)。お客様には納得のいくものをお出ししたいですからね。

夫婦息ぴったりのやり取りで、取材中も笑いが絶えない
夫婦息ぴったりのやり取りで、取材中も笑いが絶えない

――来店されるお客様の雰囲気はどうですか?

ご主人:常連さんに多くいらっしゃっていただいているのですが、娘の友だちが来てくれたり、お客様のお子さんが来てくれたりと、お店を通じていろいろな出会いがあるのがうれしいですね。ランチで込み合っている時に席を譲り合ってくれたり、通れないからと食事中でも席を立ってくれたりと、素敵なお客様に恵まれているなと、いつも感謝しています。

奥様:私が子どもの学校の行事や家事でたまにお店を不在にすることがあって、ランチ時に主人が一人営業をしている時があるのですが、大変そうにしている主人を見かねて、「うちは後でいいから」と言ってくださったりするんです。

ご主人:ただ、皆さんがそう言ってくださるので、結局順番通りに作るっていう(笑)。皆さん、こちらの状況を理解してくださって、待っていてくださるんです。人のやさしさに触れることができて、この場所にお店を開いてよかったって思っています。

船橋駅前
船橋駅前

子育て世代にやさしく住みやすい「船橋」エリア

――そんな素敵な皆さんが住んでいる、船橋エリアの魅力を教えてください

奥様:これからの子育てする方に良いと思うのは、妊活を焦点にした整骨院や漢方のお店があったりと、子育て世代の目線に立っていろいろと考え、応えてくれるお店が多いことでしょうか。

ご主人:船橋は今、中心が新しい世代に移り変わっていっているところだと思います。親の世代からお店を継いだ人の中にも、私たちと同じように子育てしている世代が多いので、同じ目線で助言をしてくれたりもします。あとは、とてもお店が充実していて、船橋にいればたいていのものは手に入るので、わざわざ都心へ出なくても不自由ない暮らしをすることできる街です。子育てに向いていて、若いご夫婦も飽きずに過ごせる街になろうとしているので、すごくいいと思います。

――地元の人しか知らないような、隠れスポットを教えてください

奥様:願いが叶うお地蔵さんというのがありますね。それこそ地元の知る人ぞ知る感じで、お客様からも願いが叶ったというエピソードを聞いたことがあります。私たちも行ったことがあるのですが、真剣みが足りなかったようで、まだ叶っていません(笑)。

ご主人:船橋は海が近い港町だったからか、何かを鎮めるためのものだったのかは分からないですが、いっぱい神様がいるんです。厳島神社の分祀や東照宮、猿田彦神社などもありますし。入り組んだ所に小さなものがたくさんあるので、それこそ地元の人しか分からない感じですね。そのおかげかどうかは分からないですが、船橋は災害が少ないんです。

店主の鈴木康弘さんと奥様の顕子さん
店主の鈴木康弘さんと奥様の顕子さん

PANNACOTTA

店主の鈴木康弘さんと奥様の顕子さん
所在地 :船橋市本町2-6-1 Kモール弐番館1階
電話番号:047-401-4024
URL:https://ameblo.jp/pannacotta-2010/
※この情報は2018(平成30)年11月時点のものです。