豊かな緑に抱かれた快適なベッドタウン、松戸市五香の暮らし

松戸市は千葉県北西部に位置し、東京都と接している。五香西六丁目は松戸市の東部、「五香」駅と「八柱」駅の間に広がるエリアだ。新京成線の開通後、昭和30年代からベッドタウンとして発展し、買い物環境や自然環境に恵まれた住宅地として注目されている。

「小金牧」の開墾で農地へ、昭和30年代からベッドタウンに進化

江戸時代、千葉県北西部の北総台地上には、幕府による軍馬育成のための広大な放牧場「小金牧」が置かれていた。現在の「五香」駅周辺もその一部で「中野牧(なかのまき)」と呼ばれていたそうだ。現在も「野馬除土手」など当時の面影が残っている。

また、江戸時代から明治時代にかけて、現在の「五香」駅周辺には、銚子から魚を江戸・東京へ運ぶなま街道が通っていた。なま街道が「野馬除土手」を通過する場所には木戸があり、現在の五香十字路付近にも「五助木戸」があったという。

明治時代になると、使われなくなった「小金牧」では大規模な開墾が行われ、5番目に開墾されたことから五香という地名が誕生した。

1955(昭和30)年に新京成線の「初富」駅から「松戸」駅間の開通に伴い、「五香」駅も開業した。交通の利便性が向上したため「常盤平団地」など住宅地の開発が進み、現在は暮らしやすいベッドタウンに進化している。

東京都心方面にスムーズにアクセス可能

新京成線「五香」駅
新京成線「五香」駅

五香西六丁目は交通アクセスの利便性も大きな魅力だ。「五香」駅から新京成線に乗れば、「松戸」駅でJR常磐線に接続する。JR常磐線の快速の一部は「東京」駅経由で「品川」駅まで直通しているほか、各駅停車は東京メトロ千代田線に直通しており、東京都心方面へのアクセスもスムーズだ。

「八柱」駅ではJR武蔵野線、「新鎌ヶ谷」駅では北総線、京成成田スカイアクセス線、東武アーバンパークライン、「新津田沼」駅でJR総武線、「京成津田沼」駅で京成本線、京成千葉線に乗り換えでき、千葉県内各地へのアクセスも良い。

「八柱」駅などへ向かうバスが停車する「牧の原団地」停留所
「八柱」駅などへ向かうバスが停車する「牧の原団地」停留所

また、「牧の原団地」停留所からは「常盤平」駅や「八柱」駅へ向かうバス路線があり、これら各駅へのアクセスはバスも利用できる。エリアからは国道464号や国道6号などの幹線道路が近いことから、自動車の利用も便利だ。

身近にショッピング施設が集まる

スーパーマーケットは「マルエツ 牧の原店」が近い
スーパーマーケットは「マルエツ 牧の原店」が近い

五香西六丁目周辺にはスーパーマーケット「マルエツ 牧の原店」など日常の買い物に便利なショッピング施設が充実。「五香」駅前にもスーパーマーケット「ザ・プライス 五香店」のほか、「サンロード五香商店街」が広がり、日常の買い物を身近で済ませることができる。

電車を使えば「松戸」駅周辺の「アトレ松戸」、「新鎌ヶ谷」駅前の「アクロスモール新鎌ヶ谷」や「イオン鎌ヶ谷店」での買い物も気軽に楽しめる。自動車なら千葉ニュータウン内の大規模ショッピング施設も使いやすい。

充実した子育て環境

「あさひ幼稚園」など子育て施設が充実
「あさひ幼稚園」など子育て施設が充実

松戸市は「子育て応援★まつドリーム事業」としてショッピング施設や地域と連携しながらさまざまな子育て支援を行っていることでも知られている。五香西六丁目周辺には「あさひ幼稚園」や「ときわ平保育園」といった幼稚園、保育施設に加え、「かおり小児科」など小児科のクリニック、子ども用品を扱う店、スポーツクラブや塾・習い事施設などが揃い、子育てしやすい環境が整う。

緑の中で休日を満喫

バーベキューも楽しめる「21世紀の森と広場」
バーベキューも楽しめる「21世紀の森と広場」

五香西六丁目は桜の名所である「常盤平さくら通り」や「八柱霊園」など豊かな緑にも恵まれている。少し足を伸ばせば「21世紀の森と広場」、「市川市動植物園」、「市川の健康村 フィールドアスレチック ありのみコース」など緑の中で休日を過ごせるスポットも多い。

暮らしの利便性と穏やかな環境に恵まれた松戸市五香西六丁目。ここは快適な暮らしが約束されている町といえるだろう。



あわせて読みたい。関連ページ