3駅を利用でき、始発電車で通勤・通学も楽々な本八幡エリア

市川市本八幡はJR総武線と都営新宿線の「本八幡」駅周辺に位置するエリア。「本八幡」駅からJR総武線で2駅、都営新宿線は1駅で東京都内となり、千葉県内ながら東京都心方面へのアクセスに恵まれたエリアだ。

東京都心へ3路線でアクセス可能

JR総武線と都営地下鉄新宿線を利用できる「本八幡」駅
JR総武線と都営地下鉄新宿線を利用できる「本八幡」駅

この街に暮らすことを考えた場合、交通アクセスの利便性は最大の魅力と言えよう。「本八幡」駅からJR総武線に乗れば「秋葉原」駅や「御茶ノ水」駅などにダイレクトアクセスできる。「本八幡」駅からは都営新宿線も利用でき、「神保町」駅や「新宿」駅方面にも乗り換えなしで移動可能だ。都営新宿線は「本八幡」駅が始発となり、通勤時間帯でも座って移動できることもうれしい。

「本八幡」駅の北には京成本線の「京成八幡」駅もある。京成本線には「京成上野」駅に向かう電車のほか、「押上」駅から都営浅草線、京急本線に乗り入れる電車もあり、「新橋」駅や「品川」駅、「羽田空港」方面にもダイレクトアクセスとなる。下り電車には「成田空港」行きの電車もあり、飛行機を使った旅行の際もスムーズなアクセスが可能だ。

ショッピング施設や公共施設が集まる

「本八幡」駅前には「オーケーストア 本八幡店」や「フードスクエアカスミ 本八幡店」などスーパーマーケットが充実。「本八幡」駅直結のショッピング施設「シャポー本八幡」や100店舗以上の店が集まる大規模ショッピング施設「ニッケコルトンプラザ」も便利だ。

「ニッケコルトンプラザ」
「ニッケコルトンプラザ」

本八幡周辺には「市川市役所」や「市川市中央図書館」、「市川市文化会館」なども公共施設も集まり、行政手続きや公共サービスの利用もしやすい。

「市川市立中央図書館」など公共施設が近い
「市川市立中央図書館」など公共施設が近い

多くの教育施設が集まる文教エリア

本八幡周辺は千葉県でも有数の難関私立校として知られる「市川高等学校・中学校」や幼稚園、小学校、中学校・高等学校、短期大学が揃う「昭和学院」など多くの教育施設が集まり、文教エリアという性格も持つ。「昭和学院」では市川キャンパスの再整備が進められており、今後はより快適な環境で学習できることが期待される。

「昭和学院」
「昭和学院」

このような環境もあり、このエリアでは教育熱心なファミリーが多いと言われている。「本八幡」駅周辺には学習塾や予備校が集まり、子どもの好奇心を満たしてくれるだろう。

文人の息吹が感じられる街

文教エリアならではの閑静な佇まいに恵まれた本八幡周辺は永井荷風、幸田露伴、水木洋子など文人にも愛された街だ。

「市川市文学ミュージアム」
「市川市文学ミュージアム」

エリア周辺には彼らの案内板を設置した「文学の道」などが整備され、文学散歩を楽しむこともできる。2004(平成16)年からは「水木洋子邸」の公開が始まり、2013(平成25)年には「市川市文学ミュージアム」もオープンするなど、さらに魅力が増した。

「文学の道」
「文学の道」

「本八幡」駅北口の再開発が完了、東京外環自動車道がまもなく開通

再開発で誕生したショッピング施設「ib's(アイビス)」
再開発で誕生したショッピング施設「ib's(アイビス)」

本八幡周辺では近年、都市インフラ整備が積極的に行われてきた。「本八幡」駅と「京成八幡」駅の間で行われていた再開発事業は、2015(平成27)年に凍結中の地区を除き完成し、「ib’s(アイビス)」などショッピング施設も誕生している。

外環自動車道の工事が進行中
外環自動車道の工事が進行中

また、東京外環自動車道の「(仮称)三郷南」ICから「(仮称)高谷」JCT間の工事も2017(平成29)年度開通を目指して工事が進められている。エリア周辺には「(仮称)市川南」ICが設けられるほか、京葉道路の「市川」IC経由で乗り入れることもでき、首都高速道路湾岸線や東関東自動車道、常磐自動車道、東北自動車道、首都高速道路埼玉大宮線、関越自動車道方面へのドライブがスムーズになるだろう。

始発電車で東京都心へ快適にアクセスでき、ショッピング施設が充実する市川市本八幡。この街は住宅地としても理想的な環境がある。

あわせて読みたい。関連ページ