女性はもちろん男性も気軽に入れる絶品スイーツのお店

ミズノヤ

ミズノヤ
ミズノヤ

JR京葉線「稲毛海岸」駅北口を出て北東へ。市民プール前交差点を右に曲がると可愛らしいオブジェが見えて来る。お店のドアを開けると甘い香りが全身を包み込み、幸せな気分に。旬の新鮮なフルーツや季節の素材を使ったケーキやお菓子が店に並び、それらをもとめるお客さんで店内は賑わっていた。店員さんは目があうと、みんな満面の笑顔で対応してくれてアットホームで入りやすいお店だ。

ミズノヤ
ミズノヤ

人気商品の1つが地元千葉の九十九里の塩を使った「海岸通りの塩ブッセ」。九十九里の塩を練り込んだクリームをサンドした、優しい口当たりが特徴のお菓子だ。店主の水野谷さんいわく「都心に近づけば近づくほど『名菓』と呼ばれる商品が少なくなっていきます。宇都宮といえば宇都宮餃子のような、稲毛海岸の名菓と呼べるものがあればいいなと思い「海岸通りの塩ブッセ」を作りました」とのこと。

ミズノヤ
ミズノヤ

日本テレビ系列のテレビ番組「ぶらり途中下車の旅」でも紹介されたという「はしっこ弁当」も、購入は1人2つまでと売り切れ必至の人気商品である。商品としては使えないロールケーキやショートケーキの切れ端などを敷き詰め、その上に生クリームとイチゴ、ブルーベリーを乗せたケーキのお弁当だ。

ミズノヤ
ミズノヤ

「海岸通りの塩ブッセ」は、バタークリームに練りこまれた塩の食感が爽やかな一品。ふわふわなスポンジはボリューム満点で食べ応えがある。「はしっこ弁当」はココア、ティラミス、チョコ、マロン、レアチーズ、マカロンなど多種多様なケーキが詰められている。生クリームで覆われているため、フォークを刺すたびに味が変わる驚きのケーキ。家族と一緒に食べれば「こっちはチョコ!」、「今度はモンブラン」と楽しみながらケーキ味わえる。このボリュームと味が楽しめて500円は本当に安い。

ミズノヤ
ミズノヤ

「稲毛海岸駅周辺は緑が多く、自然豊か。静かで快適に過ごせるいい街です」と水野谷さんは語る。「ミズノヤ」に並ぶ商品は季節ごとに変わるため、訪れるたびに新しい発見と味が楽しめる。外にはテラスがあり、買った商品をその場で食べることもできるため、散歩中にひと休みしたい時にもぴったりだ。

ミズノヤ
所在地:千葉県千葉市美浜区高洲1-16-55 
電話番号:043-205-4702
営業時間:10:00~19:30
定休日:水曜日
http://ameblo.jp/y-mizunoya/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ