エリア概要コラム

豊富なショッピング施設と豊かな緑が共存する千葉市緑区鎌取町

千葉市緑区鎌取町はJR外房線「鎌取」駅周辺に位置する。JR外房線の南側はベッドタウンとして発展したが、JR外房線の北側は雑木林や農地が残っており、暮らしの利便性と環境が両立した住宅地だ。

エリアの南には緑豊かなニュータウン、おゆみ野が誕生

1977(昭和52)年からJR外房線「鎌取」駅から京成千原線「おゆみ野」駅の間の一帯で大規模な土地区画整理事業が行われ、「自然と都市機能が調和したまちづくり」をテーマにしたニュータウンが誕生した。

エリア付近には「千葉市 緑区役所」がある
エリア付近には「千葉市 緑区役所」がある

このニュータウンは計画的な街づくりが行われたため、「ゆみ~る鎌取ショッピングセンター」などショッピング施設や「千葉市役所 緑区役所」をはじめ公共施設が理想的な場所に配置され、現在は千葉市緑区の拠点に成長している。

JR外房線「鎌取」駅徒歩圏内、高速道路・有料道路も使いやすい

「東京」駅直通電車も利用できる「鎌取」駅
「東京」駅直通電車も利用できる「鎌取」駅

JR外房線「鎌取」駅に近い鎌取町は交通アクセスの利便性に恵まれている。「鎌取」駅から「千葉」駅へはわずか12分でアクセスできるほか、JR京葉線直通の通勤快速を利用すれば「東京」駅にも47分で移動できる。

おゆみ野の開発では広い歩道を持つ多車線の道路が整備されたため、自動車も使いやすい。エリアの北西には京葉道路の「松が丘」ICが、エリア北側には千葉東金道路の「大宮」ICや千葉外房道路の「鎌取」ICがあり、東京方面や房総のリゾート地へのドライブも快適だ。

「ゆみ~る鎌取ショッピングセンター」など大規模ショッピング施設が充実

「鎌取」駅前の「ゆみ~る鎌取ショッピングセンター」
「鎌取」駅前の「ゆみ~る鎌取ショッピングセンター」

鎌取町は買い物の利便性も高い。「鎌取」駅南口に建つ「ゆみ~る鎌取ショッピングセンター」には「イオンスタイル鎌取」を中心に、ファッションや雑貨のショップなど多くの専門店が集まる。美容室やカルチャーセンター、英会話教室、クリニックもあり、暮らしのあらゆる場面をサポートしてくれるだろう。

「おゆみ野バザール通り」には人気のショッピング施設が並ぶ
「おゆみ野バザール通り」には人気のショッピング施設が並ぶ

さらに、おゆみ野バザール通り沿いにも「MrMaxおゆみ野ショッピングセンター」などロードサイド型のショッピング施設が集まり、自動車での買い物も便利だ。

保育施設や小児科クリニックが身近に揃う

千葉市では「待機児童解消に向けたアクションプラン2010」に基づき重点的に保育所の整備を行い、2014(平成26)年度には待機児童0を実現した。2017(平成29)年度には国の待機児童の定義見直しを受け「待機児童解消に向けた緊急アクションプラン」を策定し、さらなる待機児童対策を推進するなど子育て支援に力を入れていることも特徴だ。

「かるがも保育園 鎌取駅前園」などエリア付近には保育施設が多い
「かるがも保育園 鎌取駅前園」などエリア付近には保育施設が多い

鎌取町周辺にも「かるがも保育園 鎌取駅前園」をはじめ保育施設が充実。子どもの遊び場や親同士の交流の場となる「かまとり・子育てリラックス館」など子育てファミリーにうれしい施設も近い。

多くの診療科を持つ「国立病院機構 千葉東病院」
多くの診療科を持つ「国立病院機構 千葉東病院」

エリア周辺には病児保育施設を併設した「さとう小児科医院」など小児科のクリニックが揃うほか、国立の「千葉東病院」や「千葉県こども病院」など、高度医療を行う病院があるのも心強い。

豊富な公園を結ぶ歩行者専用道路

鎌取町周辺には緑を楽しめるスポットも多い。「鎌取」駅の南側に伸びる「四季の道」は「春の道」、「夏の道」、「秋の道」、「冬の道」からなる歩行者専用道路で、それぞれの季節の樹木を見ながら散策できる。ほかにも「泉谷公園」から「有吉公園」を通って「大百池公園」まで続く「おゆみ野の道」など多くの歩行者専用道路があり、散策の場は豊富だ。

ホタルの名所として知られる「泉谷公園」
ホタルの名所として知られる「泉谷公園」

「泉谷公園」ではホタルを楽しめるほか、桜の名所として知られる「大百池公園」、スポーツ施設が揃う「有吉公園」など公園も多く、ファミリーで公園めぐりをするのも良い思い出になるだろう。

恵まれた交通アクセスに充実したショッピング施設に加え、緑豊かな環境を併せ持つ千葉市緑区鎌取町。この街では快適な暮らしを楽しめそうだ。

あわせて読みたい。関連ページ