MENU

柏の葉キャンパスエリアの豊富な子育て支援

柏の葉キャンパスエリアには、行政により子どもの遊び場提供や子育てのサポート、子どもの医療費助成といった多彩な子育て支援が行われています。柏の葉キャンパスエリア周辺で利用できる子育て支援策を紹介します。

地域子育て支援センター

image photoimage photo

柏市内各地に設置された「地域子育て支援センター」は、就学前の子どもと保護者、妊婦を対象に、保護者同士の交流の場や子どもの遊び場を提供しているほか、子育てに関する相談への対応などを行っています。柏の葉キャンパスエリアでは「柏の葉キャンパス保育園」や「ココファン・ナーサリー柏の葉」内にあります。


かしわファミリー・サポート・センター

image photo image photo

柏市では「かしわファミリー・サポート・センター」として、子育てを手助けして欲しい人と、子育てを手伝いたい人をつなぐ活動が行われています。会員登録を行い、料金を支払うことで、保育園や幼稚園への送り迎え、冠婚葬祭時や保護者が病気の時などの一時預かりといった支援を受けることができます。


復職サポート

image photoimage photo

柏市には育児休暇が終了する前など、就労を証明する書類がない場合でも、1か月は子どもを保育園へ入園させることができる制度があります。保護者は、この期間を利用して復職などの活動が可能になります。復職後、就労が証明できるようになれば、そのまま在園することもできます。


子ども医療費助成制度

image photo image photo

全国の自治体同様、柏市でも子どもの保険診療分の医療費の助成が行われています。柏市では2014(平成26)年8月から対象を拡大し、0歳から中学校3年生までが対象になりました。ただし、小学校4年生以上の通院や調剤の助成には所得制限があり、保護者の所得額が基準を超えると助成は入院のみとなります。


待機児童解消アクションプラン

image photoimage photo

柏市は保育園待機児童を解消するため2013(平成25)年にアクションプランを策定し、私立認可保育園を2年間で集中的に整備するとともに、「保育アシストデスク・アシストコール」などでの保育園の空き状況の情報発信を行いました。その結果、2013(平成25)年4月からの1年間で認可保育園の待機児童数は67%減り、39名になりました。


こんにちは赤ちゃん事業

image photo image photo

柏市では、国の通知に基づき「こんにちは赤ちゃん事業」として、柏市民健康づくり推進員や看護師等が市内に住民票がある生後4ヵ月までの赤ちゃんがいる全家庭を訪問しています。訪問時には、保護者のニーズを聞きながら、柏市の子育て情報などを提供しています。


子育て広場すくすく

さわやかちば県民プラザさわやかちば県民プラザ

千葉県立柏の葉公園」に隣接した場所にある「さわやかちば県民プラザ」の乳幼児室・プレイルームでは、毎月第2・第4火曜日に「子育て広場すくすく」が開催されています。この施設にはボールプールや滑り台、おもちゃなどがあり、本や雑誌、ビデオを借りることもできます。

さわやかちば県民プラザ

所在地:柏市柏の葉4-3-1


ハード面からソフト面まで充実した柏の葉キャンパスエリアの子育て支援。この街では安心して子育てを楽しめそうですね。

※記事は2015(平成27)年1月時点の情報をもとにしています。
最新の情報は市のホームページ等をご確認ください。

PAGE TOP
PAGE TOP