MENU

レポート第二弾♪ 「KASHIWANOHA T-SITE」の完成がいよいよ間近に!

最先端技術と自然環境を調和させ、イノベーションをキーワードに街づくりを進める「柏の葉スマートシティ」。その新しいコミュニティ拠点となる複合商業施設「KASHIWANOHA T-SITE」のオープンがいよいよ間近に迫ってきました。T-SITEといえば、代官山や湘南などに進出し、各地域の特色を活かしながら、ヒト・モノ・コトの交流を生み出すライフスタイル提案型の最先端スポット。この「KASHIWANOHA T-SITE」では、周辺の水辺空間を取り入れ、これまでにない大胆な施設づくりが進められています。昨年9月のレポートからどのように工事が進捗したのか、現地から詳細を紹介します!

KASHIWANOHA T-SITE」建設地は、「柏の葉キャンパス」駅北側の開発エリアに立地。「ららぽーと柏の葉」など駅周辺の建物群を抜け、つくばエクスプレスの高架沿いに歩いていくと、さっそく調整池を改修して整備された親水空間「アクアテラス」が見えてきました。「KASHIWANOHA T-SITE」は、このアクアテラスに隣接。自然環境と調和した、「柏の葉スマートシティ」にふさわしい空間設計に特徴があります。アクアテラスはすでに完成したようで、三角広場や張り出しデッキデッキ、「KASHIWANOHA T-SITE」に通じる遊歩道などが美しく整備されていました。張り出しデッキからは、対岸の「KASHIWANOHA T-SITE」がよく見え、施設の核となるマガジンストリートを眺めることができます。

親水空間からの
アプローチ
柏の葉 アクアテラスの遊歩道アクアテラスの遊歩道

KASHIWANOHA T-SITE マガジンストリート見晴らしデッキから臨むマガジンストリート


KASHIWANOHA T-SITE」は書店やカフェ、ショップなどを集結させた文化エンターテインメント施設。その軸となるのが、三角屋根が特徴のマガジンストリートです。マガジンストリートのプロムナードまで来ると、前回に比べ、格段に工事が進捗した様子。外観はほぼ完成したようで、建物周りの植え込みや階段などもきれいに整備されていました。あとは内装を仕上げるばかりのようです。アクアテラスに面した西側の外壁は、水辺空間と調和する植物の葉の模様があしらわれ、外壁のほぼ全面をガラス張りにするなど、開放感が感じられる造り。窓の外に広がる空間を感じながら、本や雑貨を選んだり、カフェでお茶を飲んだりと、気持ちのいい時間が過ごせそうです。

KASHIWANOHA T-SITE マガジンストリート完成間近のマガジンストリート

葉っぱの模様が
カワイイ♪
KASHIWANOHA T-SITE マガジンストリートガラス張りの外壁


プロムナードもすっかり完成した様子です。マガジンストリートそのものが低層に作られ、その向かいにはアクアテラスの広大な水辺空間が広がっているので、とても明るい印象。歩道もゆったりと整備されていて歩きやすく、地元住民の方なのか、お子さん連れのママやペットと散歩される方も目にしました。そして、今回初めて目にしたのが、プロムナードに登場した、張り出しデッキとプロムナードデッキの2カ所のウッドデッキ。晴れた日は、キラキラ光る水面を眺めながら、休憩したり、ランチや読書をするのによさそう!

KASHIWANOHA T-SITE プロムナード美しく整備されたプロムナード

気ままに過ごせる♪KASHIWANOHA T-SITE プロムナードデッキとテラス席プロムナードデッキとテラス席


プロムナードデッキからは、調整池の親水ステージがよく見えます。プロムナードとステージの間の傾斜はテラスとなっていて、新たにベンチも設置されていました。「KASHIWANOHA T-SITE」のオープン後は、ここでどんなイベントが行われるのかと、今からワクワクします! また、今回驚いたのは、調整池にブリッジが架かっていたこと。アクアテラスの数カ所にゲートが設けられ、地上から階段を使って水辺へ降りられるようになっているので、オープン後は調整池を渡って「KASHIWANOHA T-SITE」と対岸を自由に行き来することができるようになります。大人も子どもも、楽しそうに橋を渡っていく様子が目に浮かびますね。

イベントが楽しみ♪KASHIWANOHA T-SITE 親水ステージ調整池の親水ステージ

KASHIWANOHA T-SITE 親水テラスブリッジと親水テラス


アクアテラス 夜間照明夜間照明

賑わいを生み出すために様々な仕掛けが施された「アクアテラス」ですが、夜もまた違った表情を見ることができます。池の周りの通路にはライン上の照明が灯り、都会的な夜景を生み出しています。ロマンチックな雰囲気を楽しみつつ、これなら安全に歩くこともできますね!


マガジンストリートの両端の建物には、「蔦屋書店」の文字が掲げられていました。ライフスタイル提案型の書店らしく、内部にはきっと、カルチュラルな書籍が並べられるはず。さらに、プロムナードを東へ進むと、つくばエクスプレスの高架の先にも、三角屋根の建物群が続いていることが確認できました。こちらも、外観はほとんど出来上がっているようです。今回、マガジンストリートの間近を歩いてみて、改めて「KASHIWANOHA T-SITE」のスケールを実感。延床面積約6,456平方メートルという施設にどんなテナントが展開されるのか、今からとっても楽しみです。

KASHIWANOHA T-SITE 蔦屋書店施設の核となる蔦屋書店

KASHIWANOHA T-SITE高架先に続く建物群


マガジンストリートの東側に回ると、蔦屋書店の大きなサインが完成していました。そこに描かれたマークを見ると、どうやらスターバックスが入ることは確実なようです。東側一帯には広めの駐車場スペースが確保されていて、国道16号から車でもアクセスしやすい施設となっています。外観はほぼ完成した様子の「KASHIWANOHA T-SITE」。整備されたアクアテラスの空間を取り込み、「柏の葉スマートシティ」らしい先進的な施設となっていることがよくわかりました。グランドオープンの時期については2017(平成29)年春とのことですが、テナントの求人情報を見ると、3月オープン予定と書かれているものもありましたので、きっともう間もなくオープンなのでしょう。「KASHIWANOHA T-SITE」の登場で、商業施設が立ち並ぶ駅前から水や緑と調和した駅北側の交流空間へと、新たな人の流れが生まれそうです。

KASHIWANOHA T-SITE東側にある蔦屋書店の看板

駐車場も完備!KASHIWANOHA T-SITE マガジンストリート東側マガジンストリート東側


『「KASHIWANOHA T-SITE」の完成がいよいよ間近に!』発見ポイント!

KASHIWANOHA T-SITE マガジンストリートマガジンストリート

  • (1)水と緑が織りなすアクアテラスと融合した開放的な空間設計!
  • (2)マガジンストリートを軸に書店やカフェ、ショップが展開!
  • (3)プロムナードデッキや親水テラスなどの自由空間が随所に♪
  • ※2017(平成29)年2月時点の情報です。

レポート第二弾♪ 「KASHIWANOHA T-SITE」の完成がいよいよ間近に!
所在地:千葉県柏市若柴227-1 

PAGE TOP
PAGE TOP