周辺環境

TRAIN CAFE(約1,230m/18分)

TRAIN CAFE

手動の「引き戸」を開けて店内に入ると、車両の手前は、都電の座席をそのまま利用した席が設置されている。車両の奥のスペースはキッチンコーナー。そしてインテリアは最小限だが、効果的な飾りつけがなされている。さらに、人が出入りする際、引き戸が開閉される度に、車両がゆらゆらと揺れ、まるで動いている電車の中にいるかのような錯覚を覚えるのだが、漂う古き良き昭和の雰囲気と合わせて不思議と落ち着ける空間になっている。

ちなみに、お店となっている車両は、もう日本に1台しか現存していない貴重な型の車両だそうだ。もちろんテラス席もいい雰囲気だ。カフェでは春・夏・秋はもちろん、寒い冬でもテラス席で過ごすのが「粋」らしい。「なぜ、寒い所を好き好んで」と思うかもしれないが、カフェの本場フランスでは寒くてもテラスでお茶をする。もともとフランスの文学やアートに欠かせないのがカフェであり、カフェに欠かせないのがテラス席なのだ。テラス席はペット同伴でもOKだそうだ。

TRAIN CAFE7

メニューは、ドリンクがメイン。なかでもコーヒーにはとくにこだわりがあるのだとか。「全部独学だったんですけど、昔からカフェに行くたびに“どうやったら美味しく入れられるのか”ということばかり考えてたんですよ」とオーナー。ケーキなどの食べ物も、こだわりのコーヒーに合うものをだけ選んでいるそうだ。どのメニューも“店の顔”として自信を持って送り出せるものばかりだというので、何度も通ってすべてを味わってみてものもいいだろう。

「このお店は、私がお客として来た時の理想と感じるお店を形にしたんです。私はカフェが好きで、コーヒーが好き。もちろん紅茶も好きですが。なので今後も、今までと同じようにいかにして居心地の良い空間で美味しいものをお出ししていくか、ということにこだわり続けていくだけですね。そしてこのお店の雰囲気やコーヒーの味を大切にしてくださる方に、もっとお店を知っていただきたいですね」とオーナー。

TRAIN CAFE4

TRAIN CAFE
所在地:千葉県八千代市勝田台北3-10-11 
電話番号:047-486-2228
営業時間:11:30~19:00(L.O.18:30)
定休日:火・水・木曜日
http://traincafe.livedoor.biz/

1 2