周辺環境

八千代市勝田台のエリア概要

勝田台駅前商店街

勝田台エリア周辺は、八千代市と佐倉市の市境付近にあたり、昭和後期頃から都心のベッドタウンとして栄えてきた。近年では交通利便性の良さも注目され、さらに周辺の開発も進み、美しい街並みを形成している。

「勝田台」駅は京成本線と、東葉高速線の始発駅である「東葉勝田台」駅とのターミナル駅で、駅前には商店街がある。隣りの東葉高速線「村上」駅前には現代的なショッピングセンターもあって便利だ。八千代市勝田台周辺エリアは、交通アクセスが良く、住みやすい環境ができあがっているため、ベッドタウンでありながら世代交代の流れが成功しており、ファミリー層もこの地を離れようとしない、実に「住みやすいエリア」なのである。

街自体は新しいが、「勝田台」駅のすぐ北を通る「成田街道」は江戸時代から多くの人が往来した歴史ある道。佐倉市井野にある「市川団十郎の道標」は、そんな歴史が垣間見える場所で、成田山新勝寺と深いつながりのある七代目市川団十郎が、旅人の成田山参拝のために立てた道しるべという。歌舞伎の名門「市川家」の屋号が成田屋というのも成田山新勝寺に由来している。

新川(印旛放水路)

また成田街道が渡る新川(印旛放水路)は、江戸時代以降の河川管理事業によって、上流と下流が逆になった歴史を持つ非常に珍しい河川である。川魚釣りのメッカとしても知られている。

勝田台駅

「勝田台」駅は京成本線と東葉高速線の2路線が利用可能。京成本線は、下り方面では成田空港に直結。上り方向へは津田沼、船橋へ。都内に入ると都営浅草線に乗り入れており、その先は京浜急行線に繋がっているため、浅草、上野、日本橋、東銀座、新橋、品川、羽田空港などへのアクセスが非常に便利である。

一方、東葉高速線は「東葉勝田台」駅が始発駅で、座っての通勤も可能なのがうれしい。東京メトロ東西線に乗り入れており、日本橋や大手町へのアクセスがスムーズ。途中の「北習志野」駅では新京成線、終点の「西船橋」駅からはJRに乗り換えられる。

1 2