周辺環境

ル・ジャルダン・デュ・ソレイユ(約1,520m/19分)

緑あふれる「黒沢池市民の森」横の小路を入ると、南フランス風の建物の洋菓子店が佇む。「ル・ジャルダン・デュ・ソレイユ」は、貝殻亭リゾートというフランス料理店を中心として豊かな食文化を提案する会社が運営している。京成本線「勝田台」駅から5分という立地からは考えられない、 優雅なリゾート地の雰囲気が漂っている。フランス料理店「貝殻亭」、バラのガーデン、陶器工房、ダイニングバーなどがある。

ル・ジャルダン・デュ・ソレイユ

店の名前は「太陽の庭」という意味。外から見下ろせるキッチンで、パティシエたちが作り上げる生菓子、焼き菓子は素材の持ち味を生かすために、 手間ひまをかけ、丁寧に手作りされている。伝統的なフランス菓子とバラにちなんだオリジナルの焼き菓子が好評だ。季節のフルーツもふんだんに使っている。

ル・ジャルダン・デュ・ソレイユ

2階は700坪の イングリッシュガーデンを一望できる「ガーデンサロン」というカフェになっており、ケーキ以外にもガーデンバスケット、アフタヌーンティーセットなどが楽しめる。夜にはライトアップされたナイトガーデンを眺めながら、隣接するフレンチレストラン「貝殻亭」のアラカルトやワイン、カクテルも楽しめる隠れ家的なカフェに変身する。

ル・ジャルダン・デュ・ソレイユ

季節により移ろうガーデンの景色を見ながら、優雅な時間に浸れる貴重な場所だ。

ル・ジャルダン・デュ・ソレイユ
所在地:千葉県八千代市勝田台北2-4-2 
電話番号:047-484-1717
営業時間:1F 10:00~19:00 2F 11:00~18:00
定休日:火曜日
http://www.gpi-group.co.jp/soleil/

TRAIN CAFE(約1,230m/18分)

TRAIN CAFE1

勝田台北側の「黒沢池市民の森」から道路を隔てた丘の上。白い階段を昇ったところにに佇む、現役を引退した、都電の車両をカフェとして改造した「TRAIN CAFE」。

TRAIN CAFE2

「TRAIN CAFE」のオーナーは、学生時代からカフェで飲むコーヒー、それに合わせて食べるサイドメニュー、カフェの雰囲気、カフェで過ごす時間、すべてが好きで、自分でカフェをオープンしたとのこと。

1 2

南インド料理 葉菜(約1,560m/20分)

南インド料理 葉菜

家庭料理のように優しくヘルシーなカレーを提供している「南インド料理 葉菜」。「医食同源」がモットーで、千葉の安全な野菜などをふんだんに使用。エスニックな見た目とは異なり、お母さんが手作りしてくれたような癒やしを感じられるのがこの店の特徴だ。

写真はこの店の看板メニュー「葉菜ミールス」。取材時は赤いスープがメインのカレーで、そのまわりにいくつものソースやトッピングが並ぶ。ココナッツ、とうがらし、トマトスープ、ヨーグルト…すべて自家製で、これで1,000円。野菜以外にも肉料理を使ったメニューももちろんある。

南インド料理 葉菜

美味しい食べ方があり、まず、おせんべいのようなパパドという豆のナンを適当に割ってライスの上に乗せて適度に混ぜる。そこから好きなカレーを足しつつ、数々のトッピングを合わせながら変化をつけると、ワンプレートで色彩豊かな味わいが楽しめる。口にした瞬間のすっと体にしみ込む味は「ホッ」っと人心地ついた気持ちになれる。

南インド料理 葉菜

これだけの品数をすべて自家製で丁寧に作り、こだわりを持ってやっていくのはご苦労もあるだろうが、オーナーは「南インド料理を通じて、失われつつある日本の食文化に警鐘を鳴らせれば」と語る。「薬膳」というとちょっとクセのあるカレーを想像してしまうが、こちらは薬膳ではなく「南インドの家庭料理」カレー。南インド料理は「ごはんを中心に野菜を食べる」文化で、そういう点では日本料理に近く、誰もが食べやすいだろう。

南インド料理 葉菜
所在地:千葉県八千代市勝田台1-13-32 MTビル1F
電話番号:047-482-8974
営業時間:ランチ 11:30~15:00(L.O.14:00)、ディナー 18:00~21:00(L.O.21:00)、バー 21:00~翌1:00
定休日:水曜日、第2火曜日
http://www.hana-india.com/