千葉県、千葉市の中心、千葉市中央区市場町の便利で快適な暮らし

千葉市中央区市場町は千葉都市モノレール「県庁前」駅の東に位置する。エリア内には「千葉県庁」が建つなど、千葉県の行政の中枢として機能しており、公共施設も多い。エリア周辺には「千葉県立千葉高等学校」や「千葉大学医学部」などの教育施設も集まり、文教エリアという機能も果たしている。

古くから千葉の中心地として発展

市場町という名は都川の川岸に市場があったことに由来し、江戸時代の絵図にも市場という名が記されている。市場町の西にあたる港町は「千葉港」発祥の地である寒川港があった場所で、江戸時代には佐倉藩の御用港となり、江戸に物資を運ぶ拠点としてにぎわっていたという。

佐倉街道など当時の幹線道路にも近い市場町は水陸の交通の要衝で、古くから千葉の中心地として発展した。このため、1873(明治6)年に千葉県が成立した際にはエリア内に「千葉県庁」が置かれている。

千葉県庁
千葉県庁

東京都心方面へスムーズにアクセス

市場町は交通アクセスの利便性に恵まれている。エリア内の「県庁前」駅からは千葉都市モノレールに乗れば「千葉」駅のほか「千葉みなと」駅、「千葉市役所」がある「市役所前」駅、「千葉市動物公園」最寄りの「動物公園」駅方面など千葉市内にスムーズに移動できる。

エリアからはJR外房線とJR内房線の電車が停車する「本千葉」駅も徒歩圏内にある。「本千葉」駅には「千葉」駅行きの電車のほかJR総武線直通の快速も停車し、「東京」駅まで約40分でダイレクトアクセス可能だ。

「県庁前」駅
「県庁前」駅

「東京」駅方面に向かう場合は「本千葉」駅からの直通電車や千葉都市モノレールで「千葉」駅に出て、「千葉」駅始発となるJR総武線の快速や各駅停車に乗り換え、「千葉みなと」駅からJR京葉線利用と複数のルートを選択できる。

また、「千葉」駅からJR成田線の快速エアポート成田に乗れば「成田空港」にもアクセスしやすい。

日常の買い物から休日のショッピングまで身近で楽しめる街

市場町は買い物の楽しみも多い。日常の買い物なら「本千葉」駅近くのスーパーマーケット「リブレ京成ミナーレ 本千葉店」が便利だ。千葉都市モノレールで「千葉」駅に出れば「そごう千葉店」や「ヨドバシカメラ 千葉店」など多くのショッピング施設での買い物を楽しめる。「千葉」駅には2017(平成29)年9月に駅ビル「ぺリエ千葉」の一部がオープン。2018(平成30)年夏頃には全面オープンを迎える予定でさらに買い物の楽しみが増える。

リブレ京成ミナーレ 本千葉店
リブレ京成ミナーレ 本千葉店

近年、「千葉」駅の南側、新町や新田町、新宿周辺には個性豊かなショップ、おしゃれなカフェやレストランが誕生し、「裏千葉」と呼ばれ注目されるようになった。散策がてらの買い物やお茶、食事も暮らしを豊かにしてくれるだろう。

裏千葉にある雑貨店「ANDANTE ANDANTE(アンダンテ アンダンテ)」
裏千葉にある雑貨店「ANDANTE ANDANTE(アンダンテ アンダンテ)」

公共施設や医療機関が充実

市場町からは「千葉市中央区役所」が近く、各種手続きが必要になっても短時間で済ませることができる。エリア付近には、2013(平成25)年に一般社団法人日本音響家協会が選んだ優良ホール100選に選ばれた「千葉県文化会館」、プラネタリウムを併設する科学館や子育て支援館・子ども交流館などを併設した複合施設「Qiball(きぼーる)」、80万冊以上の蔵書数を誇る「千葉県立中央図書館」など公共施設が多く、思い思いの時間を楽しめる。

医療機関もかかりつけに便利なクリニックのほか、高度な医療を提供する「千葉大学医学部附属病院」や「柏戸病院」が近く、体調を崩した際も安心だ。

Qiball(きぼーる)
Qiball(きぼーる)

千葉県、千葉市の中心に位置する千葉市中央区市場町。この街では充実した暮らしを満喫できそうだ。

あわせて読みたい。関連ページ