働く女性を応援するショッピングスポット

ペリエ千葉

ペリエ千葉
ペリエ千葉

現在、JR「千葉」駅の駅ビルの建て替え工事が行われているが、2016(平成28)年11月に「ペリエ千葉エキナカ」3階部分が、2017(平成29)年4月には4階部分がオープン。同年、2017(平成29)年9月にはビルの2~7階が「ペリエ千葉」本館として、翌10月には工事していた総武線・成田線高架下も「ストリート2」としてオープンした。急展開で続々と新たな様相を見せている。

本館4階イベントスペース「motto」
本館4階イベントスペース「motto」

「ペリエ千葉」で目指すのは、都市型の刺激的で先進的なスタイルと、千葉のオーガニックでカジュアルなスローライフを掛け合わせた、“千葉ならでは”のライフスタイルの提案。ファッション、雑貨、サービス、レストラン、クリニックなど多彩な店舗展開となっている。

「チバコトラボ」ではワークショップなども行われる
「チバコトラボ」ではワークショップなども行われる

本館ではフロア毎にテーマが設定されている。例えば3階フロアは、「千葉」駅の駅ビル入り口として相応しい人気8ショップを集結。千葉のトレンドを発信していく。2、3階にある「チバコトラボ」は「ペリエ千葉」ならではのユニークな取り組みだ。様々な切り口からライフスタイルを提案する催事スペースや地域の人たちが集いやすいカフェ、ワークショップやイベントなどを開催できるフリースペースなどを設け、地域交流の場となることを目指している。

「アクティビティスタイル・ハッピーテーブル」をコンセプトにした5階にはライフスタイルショップやレストランが集まる
「アクティビティスタイル・ハッピーテーブル」をコンセプトにした5階にはライフスタイルショップやレストランが集まる

それ以外にも、交流スペースがたくさん設けられているのも特徴だ。5階屋上には憩いの場として、開放感たっぷりの庭園「えきうえひろば」。四季折々の植物が植えられた緑あふれる空間で、イベントやワークショップも定期的に開催される。6階屋上には一休みできる「ペリエテラス」もある。

5階「えきうえひろば」
5階「えきうえひろば」

「ペリエ千葉」では「地産地消」ならぬ「千産千消(ちさんちしょう)」の推進に力を入れている。千葉県の豊かな自然で育まれた農産物や海産物、畜産物を活用した商品を展開していく予定。また、千葉の有名パティシエ4名が手掛ける新ブランドショップ「Artisan in CHIBA」もオープンしている。一方で、駅構内にありながら、魚・肉・野菜の生鮮三品を扱う店や、クリニック、調剤薬局なども入居しているのも新たな挑戦と言えよう。

エキナカの「Artisan in CHIBA」
エキナカの「Artisan in CHIBA」

「ストリート2」は若い女性をターゲットに、旬のトレンドファッションを楽しめる場所。頭の上から足の先まで、ポップ・カジュアル・遊び心をもった店舗展開で、新しいファッションの組み合わせや楽しさを発見できる場所を目指している。

ビジネスやパーティーで活用できる7階「ペリエホール」
ビジネスやパーティーで活用できる7階「ペリエホール」

今後、2018(平成30)年4月には、本館内に「植草学園千葉駅保育園(仮称)」も開園予定。より便利な施設となりそうだ。そして今なお、内房線・外房線高架下の1階フロア(旧ストリート)、地下1階食品街(旧ペリチカ)では改築工事が続いており、2018(平成30)年夏以降に開業予定。まだまだ「ペリエ千葉」の進化は止まらない。

ペリエ千葉
所在地:千葉県千葉市中央区新千葉1-1-1 
電話番号:043-227-3005
営業時間:10:00~21:00(一部店舗により異なる)
http://www.perie.co.jp/chiba/

詳細地図