四季の自然を楽しむ千葉市発祥の地

亥鼻公園

「亥鼻公園」に建つ「千葉城」
「亥鼻公園」に建つ「千葉城」

千葉都市モノレール「県庁前」駅から徒歩10分。公園の敷地は、かつて豪族千葉氏が居を構え千葉市発祥の地となった場所の一部で、現在は郷土資料館として利用されている「千葉城」なども建っている。

亥鼻公園
亥鼻公園

当時の「千葉城」の堀の一部が周辺に残っていたりもするが、実は公園部分は本丸があったところで、本来の「千葉城」の範囲は「千葉大学医学部」あたりまであったという。城の周辺を中心にソメイヨシノなど約100本の桜が植えられており、4月上旬には毎年桜まつりが開催されるなど、花見の名所として親しまれている。園内には、日本庭園を眺めながらお茶が楽しめる「いのはな亭」もある。

亥鼻公園
所在地:千葉県千葉市中央区亥鼻1-6 
電話番号:043-251-5103(中央・稲毛公園緑地事務所)
http://www.city.chiba.jp/toshi/koenryoku..

詳細地図