MENU

HOME Pickup 名店散策  VITORA cafe(ヴィトラカフェ)

VITORA cafe(ヴィトラカフェ)

VITORA cafe(ヴィトラカフェ)

JR成田線「小林」駅南側の住宅地を横切る「いちょう通り」の交差点の角にあり、趣向を凝らした住宅が並ぶ中でも、ひときわ存在感が際立っているログハウスのカフェ「ヴィトラカフェ」。まるでロッジか別荘のようにも見えるこの建物は、カレーとビーフシチューが名物という地元では有名な店の一つだ。

VITORA cafe(ヴィトラカフェ)

建物の中に入ると、外は暑くてもひんやりと冷房が効いている。この建物はログハウスとはいえ、とても気密性が高いようで、「夏は涼しく、冬は暖かい」という ログハウス本来の魅力を体験させてくれる。入った瞬間の“別世界”感がまず印象的だ。この店はオーナーご夫妻と、息子さん夫婦による家族経営。ご主人はもともと、北アルプスの山小屋に詰めていたこともあるという山好きな人で、野趣あふれる温厚な笑顔が魅力的。

VITORA cafe(ヴィトラカフェ)

息子さんは元スキー選手で、現在はメンテナンス職人。オリンピックをはじめ世界の大会に赴き、出張メンテナンスも行っているという。本業はあくまでもスキーメンテナンスだ。ウェブサイトを見ると、本格的なメンテナンスメニューの案内や、独自開発したプロデザインのアイロンなどが紹介されている。

ログハウスの隣にある建物がメンテナンス工房で、大手のスポーツ店のメンテナンスも一手に担っているという。工房をここに移転する際、このログハウスを会社の事務所にする予定だったそうだが、いざ建ててみると「こんな立派なログハウスを事務所にするのはもったいない」という声が多く挙がり、カフェを始めたそうだ。

1 2 3 

HOME Pickup 名店散策  VITORA cafe(ヴィトラカフェ)

PAGE TOP