市川市の歴史と文学を巡る遊歩道

いちかわ文学の散歩道

いちかわ文学の散歩道
いちかわ文学の散歩道

「いちかわ文学の散歩道」は、市川の真間地区にある文化施設と併せて、文化的、歴史的資産を巡りながら散歩を楽しめるルートである。
ルートには「近代文学の道」と「万葉の道」があり、「近代文学の道」は「桜土手公園」のことで、園内には市川ゆかりの作家、俳人、歌人などのプロフィールや市川と近代文学との関わりが書かれた説明板が設置してある。

「万葉の道」は、「市川」駅北口から2~3分の大門通りから「真間山弘法寺」までの約1キロメートルの参道で、大門通りの入り口にある「市川公民館」内の壁画を見てスタートしたあと、参道沿いの民家の壁に掲げられた26枚の万葉の句を見ながらのんびりと楽しめるルートだ。

いちかわ文学の散歩道
所在地:千葉県市川市真間3-3 地先
http://www.city.ichikawa.lg.jp/cul01/155..

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ