千葉県有数のターミナル「西船橋」駅徒歩圏内の船橋市印内一丁目

船橋市印内一丁目は京成本線「京成西船」駅の北側に位置する。JR総武線や東京メトロ東西線をはじめ多くの路線が乗り入れる「西船橋」駅も徒歩圏内となる利便性に恵まれたエリアだ。周辺は閑静な佇まいの住宅地が広がり、住環境もよい。

歴史を感じながら暮らせる街

印内一丁目周辺では「印内遺跡」が見つかるなど古くから人々が暮らしていたことがうかがえる。かつてはこのエリアを含む今の千葉県北部、茨城県南部、埼玉県南東部、東京都東部の一帯は葛飾と呼ばれており、「京成西船」駅も1916(大正5)年の開業から1987(昭和62)年までは「葛飾」駅という名称だった。

古くからこの地に建つ「葛飾神社」
古くからこの地に建つ「葛飾神社」

印内一丁目周辺には、長い歴史を持つ「葛飾神社」をはじめ、永井荷風の随筆『葛飾土産』で知られる「葛羅の井」、万葉の歌に因んだ「勝間田の池」、江戸時代初期の地頭成瀬氏で尾張犬山城主も務めた成瀬氏の墓所のある「宝成寺」など歴史を感じられるスポットが多い。

2駅6路線を使える交通利便性

5路線が集まる「西船橋」駅
5路線が集まる「西船橋」駅

印内一丁目は交通アクセスの利便性も高い。「西船橋」駅にはJR総武線、JR武蔵野線、JR京葉線、東京メトロ東西線、東葉高速鉄道が乗り入れる「西船橋」駅は千葉県有数のターミナルだ。東京メトロ東西線に乗れば、「日本橋」駅へ21分、「大手町」駅へ23分でダイレクトアクセスできるほか、JR総武線なら「秋葉原」駅や「新宿」駅に乗り換えなしで移動できる。東京メトロ東西線、JR総武線ともに「西船橋」駅が始発となる電車があり、朝の通勤時間帯に座って移動できることもうれしい。

京成本線「京成西船」駅
京成本線「京成西船」駅

「京成西船」駅から利用できる京成本線は「京成上野」駅や「成田空港」方面へ向かう場合に便利だ。

きめ細やかな子育て支援がうれしい船橋市

船橋市は“ファミリーフレンドリー”を目指し、子育て支援に力を入れている。とくに母子健康手帳を受け取る際に保健師などが妊婦の体調や妊娠出産、育児に向けた心配事などを相談したり、船橋市が独自に作成した「妊娠・出産支援プラン」に居住地区の担当保健師の名前や出産予定日に合わせたスケジュールを記入して渡したりするなど、妊娠出産時のサポートが手厚い。

子育て情報をまとめたサイト「ふなっこナビ」を開設し、子育て情報メールの配信、冊子の配布など情報提供でもきめ細やかなサポートを行っている。

英語学習に定評がある「船橋市立葛飾小学校」
英語学習に定評がある「船橋市立葛飾小学校」

印内一丁目周辺も「船橋市立西船保育園」などの保育園、「葛飾幼稚園」をはじめとする幼稚園が多く、子育てファミリーが安心して暮らせる環境が整う。通学区となる「船橋市立葛飾小学校」や「船橋市立葛飾中学校」もエリア内にあり、短時間で通学できる。「船橋市立葛飾小学校」は1892(明治25)年開校の伝統校で、長年、帰国子女教育や英語学習に積極的に取り組んでいることも魅力だ。

徒歩圏内でバーベキューを楽しめる「千葉県立行田公園」

芝生広場が心地よい「千葉県立行田公園」
芝生広場が心地よい「千葉県立行田公園」

印内一丁目周辺には「印内公園」や「印内一丁目公園」など、遊具が設置され子どもの遊び場として普段使いできる公園が多いことも特徴だ。エリアの北東に広がる「千葉県立行田公園」ではバーベキューが楽しめるほか、フリーマーケットなどイベントも多く、休日のお出かけスポットにも恵まれている。

東京都心にアクセスしやすく、子育て環境や緑に親しめるスポットも多い船橋市印内一丁目。ここでは穏やかな暮らしを満喫できそうだ。

あわせて読みたい。関連ページ