MENU

南流山送迎保育ステーション

市内全ての保育所(園)をつなぐ。流山の子育て世代を支える「南流山送迎保育ステーション

流山市内26の保育所(園)と、拠点となるステーションをバスで結ぶシステムが流山市の「送迎保育ステーション」だ。「南流山送迎保育ステーション」は流山市から委託を受けて社会福祉法人高砂福祉会が運営している。今回は、「南流山」駅から徒歩1分の駅近にある「南流山送迎保育ステーション」が併設される「サウスキッズプラザ」にお邪魔して、こちらの施設を企画・運営している流山市役所子ども家庭部保育課の保育係長と、現場で運営にあたっている、管理責任者の樋口典子さんにお話しを伺った。

施設の概要について教えてください。

保育係長:市内には現在、保育所(園)が26か所ありますが、そのすべての園と送迎保育ステーションをバスで結んでいます。ステーションは保護者が自分で子どもを保育所(園)に送迎するのが難しい方のために作られました。

サウスキッズプラザ入り口

「市内の保育所(園)に入所している1歳以上の児童」で、「保育所(園)の開所時間が保護者の通勤時間帯等と調整が容易ではない理由がある」ということが、利用のひとつの基準となります。たとえば住所地と保育所(園)が離れていて、保護者の方の通勤時間の調整が難しい、という場合も対象になります。

サウスキッズプラザ 玄関

行政側の事情としては、交通の便の良い園に入園希望者が集中し、交通アクセスが良くない保育所(園)には少なくなっているのを解消し、待機児童を減らすための方策という側面もあります。

樋口さん:南流山送迎保育ステーション」では現在、朝・夕方それぞれ30名ほどの子ども達が登録していまして、保育士・スタッフ5~6名体制で対応しています。

具体的にはどのように利用されているのでしょうか。

保育係長:仕組みとしては、朝の7時から8時の間にお子さんを送迎ステーションに預けていただいて、夕方は16時から18時までの間に迎えに来られるということが基本となっております。平日は最長21時まで、土曜は19時までであれば延長保育ということで、お子さんをお預かりすることもしております。

バス 送迎

樋口さん:朝8時までに来た子どもたちは、バスに乗ってそれぞれの園に向かうわけですが、このバスは送迎ステーションが運行するバスになりますので、運転手のほかに、ステーションの職員が2名同乗します。この職員についても、保育士か幼稚園教諭の資格を持っている方か、過去に子育ての経験があるという方を採用しています。

ですから、バスの中も保育時間と考えておりまして、一緒に歌を歌ったり、手遊びをしたりしながら、各園に送り届ける間も楽しめる時間にしています。園についたら、それぞれの園の保育士さんに引き渡すという仕組みです。

年度途中からでも利用できるのでしょうか。

絵本

保育係長:利用については、市への書面での申し込みが必要になりますので、まずそれをご提出いただいてから、ステーションのスタッフと面接をします。最終的には市で決定をいたしまして、書面で利用の可否をお知らせします。年度初めに申し込まれる方が多いですが、年度途中からの利用も可能ですよ。

年齢については、お子さん自身が、自分の荷物を持って歩けるようになってから、というのが前提になります。だいたい1歳半ぐらいになるでしょうか。 2月と3月に説明会も開催しておりますので、そちらにご参加いただければ、詳しい説明が受けられるかと思います。利用は1年単位の登録制(利用料金は月額 2,000円)ですので、継続利用の場合は、年度末までに翌年度の申込みをしていただきます。

1日だけの利用も可能です(利用料金は、往復・片道いずれも100円)。また、保護者の方々のスケジュールに合わせて送迎のどちらかだけの利用もできますし、当日になって急に送迎先を変えたい、という場合にも対応が可能です。基本的には事前に文書でいただく形が良いのですが、当日の急な変更については、バスナビという独自のシステムを使って変更してもらっています。

南流山送迎保育ステーション」にいる時間の子ども達はどのように過ごしていますか?

樋口さん:同じ時間帯でそれぞれ違う保育所(園)の子ども達が一緒になるのですが、ままごと、ブロック遊び、パズル、絵本読み等みんなで和気あいあいと楽しく過ごしています。中でもブロック遊びは人気ですね。

担当の保育士が遊びの組み合わせやバランスを考えて子ども達を導いていきますので、登園前や親御さんがお迎えに来るまで楽しく充実した時間を過ごせていると思います。

こどもたち

いろいろな保育所(園)の子ども達が集まるので、慣れない最初のうちは泣いてしまったりするお子さんもいらっしゃるのですが、何ヶ月か経つと慣れてしまって親御さんが迎えに来ても「帰りたくない!」って言うお子さんも多いですね。そういった子ども達の成長を見るのも楽しいですよ。

送迎保育ステーションを利用する親御さんの反応はいかがですか?

保育士さんと子ども達

樋口さん:南流山送迎保育ステーション」は「南流山」駅からすぐの立地にあります。親御さんは基本的にお勤めされている方でして「南流山」駅から通勤している方が多いのが現状です。

みなさん通勤前にお子さんを預けて、お帰りの際に立ち寄られてお子さんを連れて帰宅するというパターンが多いですね。親御さんからは、どこかの保育園に送り迎えに行く時間を考えると、ここは通勤途中に寄ることができるので時間の無駄がなく、とても便利で助かるというお声をたくさん頂いております。

最後に樋口さんから、これから入園をお考えの方に一言お願いします。

樋口さん:ここ「南流山送迎保育ステーション」でお子さんが安全・安心で楽しく過ごせるように、また、親御さんが安心してお子さんを預けることができて、迎えにきてくださるように保育士・スタッフと力を合わせて頑張っていきます。ワクワク、ドキドキの保育を展開しながら、子どもたちの生きる力を引き出す保育を目指していきますので、よろしくお願いいたします。

今回、話を聞いた人

南流山送迎保育ステーション インタビュー

南流山送迎保育ステーション
管理責任者 樋口典子さん

所在地:千葉県流山市南流山4-1-14 パティーナ南流山1F
電話番号:04-7159-7475

流山市役所子ども家庭部 保育課 係長
所在地:千葉県流山市平和台1-1-1 流山市役所第2庁舎1F
電話番号:04-7150-6124
※この情報は2016(平成28)年3月時点のものです。

南流山送迎保育ステーション インタビュー
所在地:千葉県流山市南流山4-1-14 
電話番号:04-7159-7475
利用時間:7:00~9:00、16:00~18:00
http://nishihirai.tksg.ed.jp/vision/busi..


本記事は、(株)ココロマチ が情報収集し、作成したものです。
記事の内容・情報に関しては、正確を期するように努めて参りますが、内容に誤りなどあった場合には、こちらよりご連絡をお願いいたします。 (メールアドレスとお問い合わせ内容は必須です)
当社では、個人情報保護方針に基づき、個人情報の取扱いについて定めております。 ご入力いただきました個人情報は、これらの範囲内で利用させていただきます。
尚、各店・各施設のサービス詳細につきましてはわかりかねます。
恐れ入りますが、各店・各施設にて直接ご確認ください。
お問い合わせ
PAGE TOP
PAGE TOP