MENU

HOME 戸建選びのポイント 建売、建築条件付、注文、結局どれがいい?

建売、建築条件付、注文、結局どれがいい?

種類や選択肢が豊富な新築一戸建て。そこで暮らす家族にとってどれが一番合っているのか、迷うこともあるはず。ここでは、それぞれのメリットや特徴を整理していきましょう。

入居までに時間がないなら建売

新築一戸建てには、さまざまな種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。ポイントを確認して、自分や家族に合った住まいを選びましょう。

まず、建売住宅ですが、数が多いので選択肢が多いというのがいちばんのメリットといえるます。入居までに時間の余裕がなくとも、完成済みであればすぐに入居も可能。また、日当たりや採光などを確認できるのも、メリットのひとつです。土地と建物がセットで販売されているので、予算オーバーになりにくいのも嬉しいポイントです。

一方で、住まいに徹底的にこだわりたい人に向いているのが、注文住宅です。建築を担当する会社はもちろんのこと、建具のひとつから壁紙や設備まで、自分好みにチョイスできます。細部までこだわりたい人、既存の間取りにあきたらない人は、注文住宅向きといえます。

予算、時間など、どこに重点を置くか整理を

こまかいこだわりまで実現できる注文住宅ですが、予算と手間がかかる点は否めません。土地探しから始まって、入居までに1~2年かかることもあり、時間が限られている人には不向きといえます。そのため、入居までに時間がない人、土地探しからスタートする人にとっては、けしてベストとは言い切れません。

その一方で、建売と注文住宅の両方の良いところどりをしたのが、建築条件付き土地です。予算や土地、時間に制限はありますが、自分の好みの間取りを実現することができます。間取りにこだわりたいけれど、予算に限界のある人などに向いているでしょう。

結局のところ、どの住まいにも正解はありません。自分たちの予算と時間、そして手間を考え、よりベストの選択をしたいものです。

HOME 戸建選びのポイント 建売、建築条件付、注文、結局どれがいい?

PAGE TOP