大正時代創業の老舗蕎麦名店

夏見屋

外観
外観

大正時代から続く老舗蕎麦屋「夏見屋」は、京成線の「京成中山」駅から商店街を南下してすぐに立地し、JR総武線の「下総中山」駅からも商店街を歩いて7分ほどのところにある。2014(平成27)年にリニューアルし、現在は4代目の当主が腕をふるう。店内にはカウンター席とテーブル席のほかに、個室風のブース席が2つ、客層は女性のおひとり様からカップル、家族連れまでと幅広い。

桜えびと辛味大根のぶっかけ蕎麦
桜えびと辛味大根のぶっかけ蕎麦

桜海老と長葱と三つ葉で作った天かすがふんだんにあしらわれたボリューム感のある「ぶっかけそば」は常連さんの人気メニューの一つだ。中央にトッピングされた海苔と鰹節の下に辛味大根、その下に細身の手打ち蕎麦が盛られている。見た目は豪快だが、掛けつゆの味は優しく繊細で、天かすの油が程よいコクと香りを与えている。最後に掛けつゆで割って飲む濃厚なそば湯も絶品だ。

真っ白で濃厚なそば湯
真っ白で濃厚なそば湯

蕎麦は青森や山形、北海道など複数の産地から出来の良いものを毎年選んで仕入れている。今年使っている北海道の蕎麦は香りが控えめな代わりに甘さが際立っているそうだ。せいろそばを食べる際には是非、ひと口目はつけ汁に浸さずに蕎麦本来の味わいを楽しんでほしい。

お店の入り口
お店の入り口

夏見屋
所在地:千葉県船橋市本中山1-8-15
電話番号:047-334-6233
営業時間:11:30~15:00、17:30~22:00
定休日:木曜日

詳細地図