『フォレストガーデン中志津』の街並み・モデルハウスをレポートします!

京成本線「志津」駅周辺は閑静な街並みが広がり、一方で「東京」駅や「大手町」駅も通勤圏となる便利な駅です。今回は、そんな「志津」駅が最寄り駅となる『フォレストガーデン中志津』の街並みとモデルハウスの見学に行ってきましたので、その様子をレポートします。

フォレストガーデン中志津
フォレストガーデン中志津

オープン外構による
開放感♪

フォレストガーデン中志津の外観
フォレストガーデン中志津の外観

『フォレストガーデン中志津』では、車の街区出入り口を1か所に限定して、通り抜けはもちろん、外部者の侵入もしにくい安心な街となっています。オーバル状に配された周回道路は各邸のオープン外構との相乗効果によって、開放感ある広々とした印象となっています。それによって空が広く感じられ、とても気持ちよい雰囲気です。分譲地の中には、小さなお子さんの遊び場としてちょうどよい広さの芝生の公園もありました。


では、さっそくモデルハウスを見てみましょう。最初に見学したのは、スカイバルコニーによる特徴的な外観と、リビングとつながっている「みまもりテラス」が印象的な28号棟です。スカイバルコニーの1階部分はDENになっており、大きな窓からは陽光をたくさん取り入れられそうな印象です。屋根には太陽光発電が取り付けられているので、発電も楽しみになりそうですね。

28号棟の外観
28号棟の外観

28号棟の外観
28号棟の外観


玄関、ホールを抜けた先には約18.0帖のリビング・ダイニング・キッチンがありました。天井はあらわし梁となっていて、存在感と開放感を演出、外観から想像したとおり、明るい日差しがたっぷりと入り込んで、室内はとても明るい空間となっています。また、日当たりだけでなく、風の通りまで考慮したという街区設計によって、窓を開ければ心地よい風も取り入れられそうです。これだけ窓を大きく数多く配置できるのは、住友林業オリジナルの「マルチバランス構法」ならではとのこと。『フォレストガーデン中志津』では、「マルチバランス構法」を採用して、第三者機関発行の住宅性能評価にて耐震等級3を取得。さらに、「地震エネルギー吸収パネル」も装備しているそうで、地震の時も安心だなと思いました。

たっぷりと日差し
が入り込みます!

リビング・ダイニング・キッチン
リビング・ダイニング・キッチン

しっかり整理整頓!

キッチン
キッチン


2階は、約5.5帖の洋室が2部屋と、約9.0帖の主寝室がありました。スカイバルコニーにも出られる主寝室には約3.0帖もの広いウォーク・イン・クローゼットが設けられています。また、室内物干金物もあるので、雨の日に洗濯物を室内に干しておくこともできそうです。

スカイバルコニー
に出られます♪

主寝室
主寝室

使いやすそう!

ウォーク・イン・クローゼット
ウォーク・イン・クローゼット


次に26号棟も見てみましょう。1階のリビング・ダイニング・キッチンは、約18.8帖もあり、床暖房も完備されています。リビング・ダイニングの一角には勉強や仕事もできそうなファミリーカウンターが設けられており、家族が自然と集まってきそうな空間になっています。

26号棟の外観
26号棟の外観

食事・勉強・仕事
もできる場所!

リビング・ダイニング・キッチン
リビング・ダイニング・キッチン


キッチンには、たっぷり収納の大型食品庫がありました。食料品のストックだけでなく、日用品の収納にも便利そうです。玄関にはキャビネットとエントランス・クロークの2つの収納があるので、靴だけでなく、ベビーカーやアウトドアグッズもすっきり仕舞っておけそうです。その他、各階のホール等いたるところに収納が設置されているので、部屋が物で散らかってしまう心配もなさそうですね。

いつでもスッキリ!

大型食品庫
大型食品庫

エントランス・クローク
エントランス・クローク


いかがだったでしょうか。このように『フォレストガーデン中志津』では、ここに暮らす家族が、温かくやさしい毎日を送れるように、細かい配慮が随所になされていました。家づくり、街づくり、そして家族の未来づくりに対する熱い想いが伝わってきました。


発見ポイント!

街並み
街並み

  • (1)開放感のある広々とした街並み♪
  • (2)たっぷり収納と、日当たり、風通しに配慮したプラン!
  • (3)最新の設備・構造で安心・快適な暮らし♪

※この情報は2018(平成30)年1月時点のものです。