エリア概要

買い物利便と充実の子育て環境が手に入る習志野市鷺沼台一丁目

習志野市鷺沼台一丁目は「京成津田沼」駅の東に位置する。鷺沼台という地名は、鷺沼の北側の下総台地上にあることから1970(昭和45)年に名付けられた。JR総武線「津田沼」駅も近く、買い物環境や交通アクセスに恵まれた住宅街が広がっている。

農村から軍事都市そしてベッドタウンへ

鷺沼台一丁目周辺では貝塚や古墳が発見されるなど、古代から人々が生活を営んできたことが伺える。鎌倉時代にはすでに鷺沼と言う名があり、江戸時代には鷺沼村という農村が広がっていたそうだ。鷺沼村は1889(明治22)年に他の4村と合併。新しい村の名は合併した谷津村の“津”、久々田村の“田”、鷺沼村の“沼”を合わせて、津田沼村と命名された。

「イオンモール津田沼」は軍事関連施設跡地に建つ
「イオンモール津田沼」は軍事関連施設跡地に建つ

明治時代になると津田沼村には鉄道大隊が設置されるなど軍事関連施設が進出し、都市として発展していく。第二次世界大戦後、鉄道大隊の演習線を改良して新京成線が開通、軍事関連施設の跡地に「千葉工業大学 津田沼キャンパス」や「イオンモール津田沼」「イトーヨーカドー 津田沼店」が誕生し、津田沼はさらなる発展を遂げた。

また、鷺沼台一丁目周辺では高度経済成長期以降、宅地開発が行われ、ベッドタウンに進化している。

徒歩圏内で3駅5路線を利用可能

3路線が集まる「京成津田沼」駅
3路線が集まる「京成津田沼」駅

鷺沼台一丁目最寄りの「京成津田沼」駅からは京成本線、新京成線、京成千葉線の3路線を利用できる。「京成津田沼」駅には快特・特急・通勤特急・快速などすべての優等列車が停車し(有料特急を除く)、利用できる電車の本数が多い。

京成本線には都営地下鉄浅草線へ直通する電車もあり、「京成船橋」駅や「京成上野」駅、「成田空港」のほか、「日本橋」駅や「新橋」駅、「羽田空港」にもダイレクトアクセスできる。

JR総武線の「津田沼」駅も徒歩圏にあり、快速なら「東京」駅や「品川」駅、各駅停車なら「秋葉原」駅や「新宿」駅にダイレクトアクセス可能。快速の一部は「東京」駅からJR横須賀線に直通運転が行われており、「横浜」駅方面にも乗り換えなしで移動できる。快速、各駅停車ともに「津田沼」駅が始発となる電車が多く、座って移動できることもうれしい。

「津田沼」駅北口周辺に大規模ショッピング施設が充実

「イトーヨーカドー 津田沼店」など大規模ショッピング施設が使いやすい
「イトーヨーカドー 津田沼店」など大規模ショッピング施設が使いやすい

鷺沼台一丁目は買い物も便利だ。「津田沼」駅北口周辺には「イオンモール津田沼」や「イトーヨーカドー 津田沼店」「津田沼パルコ」といった大規模ショッピング施設が集まり、日常の買い物から休日のショッピングまで楽しめる。2016(平成28)年には「津田沼」駅直結のショッピング施設「Dila津田沼」が全面リニューアルし「ペリエ津田沼エキナカ」と改称、さらに買い物の魅力が増した。

保育施設の整備など、子育て家族が暮らしやすい環境

新しい校舎になった「習志野市立津田沼小学校」
新しい校舎になった「習志野市立津田沼小学校」

通学区の「習志野市立津田沼小学校」は1873(明治6)年に創立で、習志野市内で最も歴史のある小学校。「習志野市立津田沼小学校」では2013(平成25)年に全面改修が完了し、長らく親しまれてきた円形の校舎は太陽光発電や階段型の視聴覚室など最先端の設備を備えた校舎に生まれ変わっている。また、長年体育研究に力を入れており、年中行事には運動会などのほか「全校徒歩遠足」や「器械運動審査会」など体育関連の行事が入るのも特徴だ。

「菊田第二保育所」など子育て施設が揃う
「菊田第二保育所」など子育て施設が揃う

鷺沼台一丁目周辺は「青葉幼稚園」や「菊田第二保育所」など幼稚園や保育施設が多く、子育てしやすい環境に恵まれている。2017(平成29)年10月には「ブレーメン津田沼保育園」が開園したほか2018(平成30)年4月には「菊田みのり保育園」も開園予定で、さらなる子育て環境の向上も期待されている。

「青葉幼稚園」もこども園化される予定
「青葉幼稚園」もこども園化される予定

また、習志野市では市立幼稚園の私立化やこども園化を進めており、「青葉幼稚園」もこども園になる予定だ。こども園では一時保育や預かり保育など多様な保育ニーズに対応するほか、子育て親子の交流の場となる「こどもセンター」を併設する予定で、子育て支援を受けやすくなることも期待できる。

交通アクセスの利便性と恵まれた買い物環境、充実した子育て・教育施設に恵まれた習志野市鷺沼台一丁目。ここでは子育てファミリーを中心に快適な暮らしを楽しめるだろう。