インタビュー

「京成津田沼」駅・駅長に聞く、交通利便性と街の魅力

交通利便性に恵まれ、東京都心のベッドタウンとして発展している「京成津田沼」駅エリア。買い物や充実した子育て・教育施設に恵まれ、「住みたい街ランキング」でも2年連続千葉県1位に入るなど注目を集めている。「京成津田沼」駅を訪れ、駅長に周辺の街の魅力についてお話を伺った。

「京成津田沼」駅・駅長
「京成津田沼」駅・駅長

駅改良工事が完了、都心・空港へのアクセスが便利

――とてもキレイな駅ですね。

ありがとうございます!一昨年春に、駅舎耐震補強と、駅舎改良工事が完了しました。
耐震補強で駅の安全度がさらに向上しましたし、約2年にわたる駅舎改良により、ウォークインタイプの開放感のある改札窓口の設置、コンコース階の乗換通路幅の拡幅、上下ホームのエスカレーター設置、お客様用トイレのリニューアル・駅の美観向上を行いました。

改良工事後の「京成津田沼」駅舎
改良工事後の「京成津田沼」駅舎

――駅長さんとして「京成津田沼」駅の“売り”は何でしょうか?

もちろん、キレイになった駅舎も自慢ですが、快特・特急・通勤特急・快速など(有料特急を除く)すべての優等列車が停車するほか、都心や空港へは京成線、新鎌ヶ谷・松戸方面へは新京成線、千葉方面へは京成千葉線を利用して行くことができるなど、アクセスが良いところです。

――アクセスについて具体的に教えてください。

都心へのアクセスが良いので、都心勤務者に便利です。
電車1本で「上野」「日本橋」「東銀座」「新橋」まで行けます。また成田・羽田の2大空港へのアクセスも良いです。
「成田空港」駅へは京成本線下り方面に乗れば34分で行けますし、「羽田空港国際線ターミナル」駅までもおよそ1時間で行けますよ。

「京成津田沼」駅ホーム階
「京成津田沼」駅ホーム階

――駅を利用されるのは主にどんな方でしょうか。

日暮里や日本橋、東銀座など都心方面に通勤する方や沿線の学校に通学する学生さんが多いと思います。松戸や成田、千葉など県内各所からいらっしゃった方々の乗換利用も多く、交通の要所として活気に満ちています。また京成沿線には「京成津田沼」駅前にある「千葉工業大学」をはじめ大学・短大が29キャンパス、高校が54校と充実しているため上下線ともに学生の利用も多いのが特徴です。都心の高校や大学へも通いやすいですから、津田沼に住めば、通う学校の選択肢も増えるのではないでしょうか。

千葉工業大学
千葉工業大学

――最近の「京成津田沼」駅周辺の街や人はどのように変わっていますか。

「住みたい街(駅)ランキング」では2016(平成28)年に続き2017(平成29)年も津田沼が千葉県1位(※)を獲得し、2年連続となりました。「習志野市役所」の新庁舎もできあがったばかりで、今後も発展が予想される街だと思います。
※出典:https://www.haseko-urbest.com/press/pdf/20170915_1.pdf

2017(平成29)年4月に竣工した「習志野市役所」新庁舎
2017(平成29)年4月に竣工した「習志野市役所」新庁舎

住むことに適した落ち着いた街並み

――「京成津田沼」駅近くの住環境はどう思われますか?

緑も多く、バードウォッチングが楽しめる「菊田水鳥公園」なども良いですが、なんといってもJR「津田沼」駅周辺の繁華街とはまた違い、落ち着いた街並みが続くところが、「住む街」としては向いているのではないかと思います。

――最後に、「京成津田沼」駅近くのおすすめスポットを教えてください

少し贅沢をしたい気分の時によく利用するのが「レストランあけぼの」さんです。創業90年以上の老舗で、現在のシェフは洋食の老舗「日本橋たいめいけん」で修業を積んだ方だそうで、手間暇かけた昔ながらの洋食の味が絶品です。
お昼によく行くのは「京成津田沼駅前」交差点の南にある海鮮料理を提供する「たか丸」さん。650円でボリューム満点の日替わりランチがいただけます。お昼時は近隣のサラリーマンで賑わっています。

レストラン あけぼの
レストラン あけぼの

京成津田沼駅長
京成津田沼駅長

「京成津田沼」駅 駅長

所在地:千葉県習志野市津田沼3-1-1
URL:http://www.shinkeisei.co.jp/station/navi_keiseitsudanuma/
※この情報は2017(平成29)年12月時点のものです。