広大な敷地を誇る松戸市を代表する公園

21世紀の森と広場

広大な緑の中では、たくさんの植物や動物、そして人間が、楽しく共存のひとときを過ごしている。「森のホール21」に面した中央口から、緑に囲まれた並木道を抜けると、そこには21世紀の森と広場の碑とオブジェがある。

千駄堀池沿いの遊歩道
千駄堀池沿いの遊歩道

その先には、園内でも最大の芝生広場「光と風の広場」が広がっている。東京ドーム約1.3個分、約6.3ヘクタールの広さを誇り、林の脇からは水も湧き出ている。その奥にあるのが「木漏れ陽の森」。「自然を知り、自然に学び、自然を生かす知恵ある暮らし」を考えることを目的とし、野外活動の場を提供している。約0.9ヘクタールの敷地を持つ「アウトドアセンター」では、バーベキュー場や野外キャンプ練習場を完備。「アウトドアセンター受付棟」では、食材の販売や用具のレンタルなどを行っており、快適なアウトドアクッキングを楽しめる。

光と風の広場
光と風の広場

園内最大のウォータースポット「千駄堀池」は、東京ドーム約1個分の5haの広さがあり、1日に1,000tの湧水量を誇っている。中央には水鳥たちの巣づくりができる島が作られ、北側は生きもの専用区域として人間の立ち入りを制限。自然環境の保全に努めている。南側には「霧の噴水」が設けられ10時~16時の間、1時間おきに水が吹き上がっている。

アウトドアセンター
アウトドアセンター

園内には「縄文の森」や「市立博物館」などの歴史を学べるスポットもある。「縄文の森」には屋外展示物である竪穴式住居の復元3棟と、体験学習が楽しめる「森の工芸館」がある。竪穴式住居では内部見学もでき、住居の仕組みや昔の人の暮らしぶりなどを、実物そっくりの造りに触れながら聞くことができる。

千駄堀池
千駄堀池

21世紀の森と広場
所在地:千葉県松戸市千駄堀269 
電話番号:047-345-8900(管理事務所)
開園時間:9:00~17:00、7月21日~8月20日 9:00~18:30、11月~2月 9:00~16:30
休園日:年末年始(12月30日~1月1日)
http://www.city.matsudo.chiba.jp/shisets..

詳細地図