八千代市緑が丘のエリア概要

東京都心に直結、大型ショッピング施設が充実。暮らしの利便性が高い街

八千代市緑が丘は東葉高速線「八千代緑が丘」駅周辺に広がる街だ。「八千代緑が丘」駅周辺には大型ショッピング施設や公共施設が集まり、暮らしの利便性に恵まれた住宅地として人気を集めている。

区画整理でさらに快適な街へ進化中

緑が丘の拠点として整備された「八千代緑が丘」駅前
緑が丘の拠点として整備された「八千代緑が丘」駅前

緑が丘周辺では昭和40年代頃から工業団地や住宅地の開発が進み、都市として発展を遂げた。1996(平成8)年の東葉高速線開通により「八千代緑が丘」駅が誕生すると、交通の利便性が飛躍的に向上したことから、住宅地としてさらに注目されるようになった。「八千代緑が丘」駅周辺ではショッピング施設も続々とオープンし、近隣からも買い物客が集まるショッピングタウンとして成長している。

現在「八千代緑が丘」駅北口一帯では約140ヘクタールに及ぶ土地区画整理事業が行われている。計画人口約14,000人の新たな住宅地が誕生するほか、都市計画道路や公園・緑地などの整備も行われることになっており、暮らしの利便性向上が期待されている。

東京都心にダイレクトアクセスできる東葉高速線

東京メトロ東西線直通の東葉高速線が利用できる「八千代緑が丘」駅
東京メトロ東西線直通の東葉高速線が利用できる「八千代緑が丘」駅

「八千代緑が丘」駅に近い緑が丘は交通アクセスの利便性も魅力だ。東葉高速線はほぼすべての電車が「西船橋」駅から東京メトロ東西線に直通し、「日本橋」駅や「大手町」駅など東京都心にダイレクトアクセスできる。

東京メトロ東西線は東京メトロ副都心線を除く都内の全地下鉄線に接続するほか、JR線との接続駅も多い便利な路線で、乗り換え1回で移動できるエリアは広い。「大手町」駅から「八千代緑が丘」駅に向かう最終電車は0時10分発と遅いことも魅力となるだろう。

また、東葉高速線の終点「東葉勝田台」駅から連絡通路を通って京成本線の「勝田台」駅に向かえば、「成田空港」にも約40分でアクセスでき、飛行機を使った旅行もしやすい。

複数の大型ショッピング施設を利用可能

「八千代緑が丘」駅前にある「イオンモール八千代緑が丘」
「八千代緑が丘」駅前にある「イオンモール八千代緑が丘」

緑が丘は買い物の利便性にも恵まれている。「八千代緑が丘」駅前には「メガセンタートライアル 八千代店」や「イオンモール 八千代緑が丘」など大型ショッピング施設が集まるほか、エリア南側の国道296号沿いには「ニトリ 八千代店」や「ベルク 八千代緑が丘店」といったショッピング施設が並び、あらゆる買い物ニーズを満たしてくれる。

「八千代緑が丘」駅前には「TOHOシネマズ 八千代緑が丘」もある
「八千代緑が丘」駅前には「TOHOシネマズ 八千代緑が丘」もある

「八千代緑が丘」駅前の「公園都市プラザ」にはシネマコンプレックス「TOHOシネマズ八千代緑が丘」があり、買い物ついでに映画を楽しむことも可能だ。

「八千代緑が丘」駅周辺に公共施設や金融機関が集まる

図書館や公民館が入る「緑が丘プラザ」
図書館や公民館が入る「緑が丘プラザ」

「八千代緑が丘」駅前には「緑が丘図書館」など公共施設が集まる「緑が丘プラザ」があり、公共サービスを気軽に利用できる。

「八千代緑が丘」駅周辺には郵便局や銀行など金融機関が揃うほか、1駅隣の「八千代中央」駅付近には高度な医療を提供する「東京女子医科大学 八千代医療センター」があるのも便利だ。

豊かな緑に抱かれた街

緑が丘には「緑が丘北公園」など公園が多い
緑が丘には「緑が丘北公園」など公園が多い

緑が丘はその名の通り、緑に親しめるスポットが多いことも特徴だろう。エリア周辺には「スポーツの杜公園」や「緑が丘北公園」など地域の憩いの場として親しまれている公園があるほか、少し足を延ばせば、日本最大のバラ庭園「京成バラ園」もあり、シーズンには美しい花を楽しめる。

「ウェルネスクラブ ウェブ八千代」といったスポーツ施設も揃う
「ウェルネスクラブ ウェブ八千代」といったスポーツ施設も揃う

「ユニオンゴルフクラブ」や「ウェルネスクラブ ウェブ八千代」、「ローズヒルテニスクラブ八千代」などスポーツ施設も充実し、身近で体を動かしてリフレッシュできるのもうれしい。

東京都心直結の交通アクセス、充実したショッピング施設、豊かな緑と緑が丘には快適な暮らしを楽しむために必要な条件が揃っている。