アウトドア風のくつろぎガレージカフェ

MORI NO JIKAN(森のじかん)

「流山おおたかの森」駅から徒歩約10分ほどの閑静な住宅街の一画にあるカフェ「森のじかん」は、ウッドデッキのテラス席と隣接するガレージが目印。カフェで修業を積んだ奥さまが、「自分のお店を持つのが夢だった」と、ご主人と一緒に2016(平成28)年にオープンさせたお店で、美味しいコーヒーとお食事をゆっくりと楽しむことができる。

「森のじかん」の外観
「森のじかん」の外観

こだわりは、やはりコーヒー。6種類の厳選したスペシャルティコーヒー豆を取り揃えており、酸味のある味わいのものから深みのある味わいのものまで、お客さんの好みにあわせた一杯を提供してくれる。他にもラテやチャイなどドリンクメニューが豊富。夏になると、マンゴーやパイナップルのスムージーも登場する。

カウンターにはこだわりのコーヒー豆が並ぶ
カウンターにはこだわりのコーヒー豆が並ぶ

カフェ利用の方には、ドリンクと一緒にスコーンやシフォンケーキもおすすめしたい。スコーンは「抹茶ホワイトチョコ」や「ブルーベリーホワイトチョコ」など、シフォンケーキは「マーブル」や「バニラ」など、日替わりでメニューが変わるので楽しみ。お食事と一緒にケーキセットを注文すれば、食後に美味しいコーヒーと自家製のシフォンケーキを味わうこともできる。

自家製のデザートも充実
自家製のデザートも充実

人気の食事メニューは「牛スジやきカレー」。何時間も煮込んで柔らかく仕上げた牛スジがポイントで、熱々のスキレットで調理されたカレーとライスも味わい深い。

人気メニューの「牛スジやきカレー」
人気メニューの「牛スジやきカレー」

店内は、木の温もりに包まれたログハウスのような空間となっており、年に何度かは店内でライブイベントも開催しているとのこと。外にあるテラス席も開放感があるため、アウトドア気分でランチにビールを楽しむのもよさそうだ。8名以上で貸し切りを相談できるため、知人や親戚を集めたパーティーの会場としても利用できるだろう。

温かみのある店内
温かみのある店内

隣接するガレージには、アンティークのランタンが並んでいる。こちらの空間では、「アメリカへ買い付けに行くこともある」というご主人が、100年物などこだわりの逸品を取り揃えて販売。ランタンのメンテナンスも受け付けている。近年は、ランタン愛好家の交流の場にもなっているそうだ。

店内に並んだアンティークのランタン
店内に並んだアンティークのランタン

MORI NO JIKAN(森のじかん)
所在地:千葉県流山市おおたかの森北2-29-3 
電話番号:04-7179-5252
営業時間:12:00〜18:00
定休日:月・火曜日
https://www.facebook.com/%E6%A3%AE%E3%81..

詳細地図