エリア概要コラム

豊かな自然に囲まれ、暮らしの利便性を享受できる柏市「柏たなか」駅周辺

千葉県北東部に位置する柏市は緑豊かなベッドタウンが多く、住宅地として人気が高い。つくばエクスプレス「柏たなか」駅周辺は、かつてのどかな農村が広がっていたが、つくばエクスプレスの開業後、隣駅の「柏の葉キャンパス」駅を中心に大型ショッピング施設が誕生。さらに利便性が高まった。下総台地の高台にある柏たなかエリアは、豊かな自然環境と暮らしの利便性を併せ持つ住宅地として注目されている。

つくばエクスプレスで「秋葉原」駅まで約30分

未来的な外観が特徴のつくばエクスプレス「柏たなか」駅
未来的な外観が特徴のつくばエクスプレス「柏たなか」駅

「柏たなか」駅周辺は交通アクセスの利便性も高い。「柏たなか」駅からつくばエクスプレスに乗れば「北千住」駅まで約20分、「秋葉原」駅まで約30分でアクセスできる。「北千住」駅では東京メトロ日比谷線・千代田線・半蔵門線の直通電車などに、「秋葉原」駅ではJR山手線・京浜東北線・総武線などに乗り換えでき、東京都心方面へのアクセスもスムーズだ。
さらに、エリア周辺には国道16号が通るほか、常磐自動車道「柏」ICも近く、自動車も使いやすい。

「柏の葉キャンパス」駅や「柏」駅での買い物も気軽に

「柏たなか」駅近くに建つ「カスミ 柏たなか駅前店」
「柏たなか」駅近くに建つ「カスミ 柏たなか駅前店」

「柏たなか」駅周辺は買い物環境にも恵まれている。エリア周辺にはスーパーマーケット「カスミ 柏たなか駅前店」やドラッグストア「マツモトキヨシ 柏たなか店」などが揃い、日常の買い物を身近で済ませることができる。

「柏の葉キャンパス」駅前には「ららぽーと柏の葉」もある
「柏の葉キャンパス」駅前には「ららぽーと柏の葉」もある

さらに、「柏たなか」駅から1駅約2分の「柏の葉キャンパス」駅前には「ららぽーと柏の葉」や「KASHIWANOHA T-SITE」などの大規模ショッピング施設が充実。自動車を使えば、「柏」駅前の「柏タカシマヤ」や「柏マルイ」といった華やかなショッピング施設での買い物も気軽に楽しめる。

子育て施設や医療機関が充実

2018(平成30)年に開園した「みくになかよしこども園」
2018(平成30)年に開園した「みくになかよしこども園」

「柏たなか」駅周辺は比較的新しい街でもあり、子育てファミリーが多く暮らしている。そのため、子育て環境が整っていることも魅力。「柏たなか」駅周辺には「あい保育園 柏たなか駅前」や「かしわたなかこころ保育園」などの保育施設が充実。2018(平成30)年4月には認定こども園「みくになかよしこども園」が開園し、さらに選択肢が広がった。

多くの診療科に対応する「柏たなか病院」
多くの診療科に対応する「柏たなか病院」

医療機関も多く、「柏たなか」駅前には小児科をはじめ、多くの診療科に対応する「柏たなか病院」があるほか、「柏の葉キャンパス」駅周辺にも年中無休の小児科クリニック「キャップスクリニック柏の葉」や地域の中核病院として機能する「辻中病院柏の葉」があり、子どもが急に体調を崩した際も安心だ。

また、「柏の葉キャンパス」駅付近では公民学連携による国際学術研究都市を目指す「柏の葉国際キャンパスタウン構想」に基づき、「東京大学 柏キャンパス」、「千葉大学 柏の葉キャンパス」などアカデミックな施設が立地していることも特徴だろう。

暮らしの中で豊かな緑を感じられる街

緑の中を散策できる「こんぶくろ池自然博物公園」
緑の中を散策できる「こんぶくろ池自然博物公園」

「柏の葉キャンパス」駅周辺には「こんぶくろ池自然博物公園」や「千葉県立柏の葉公園」など自然に親しめるスポットも多い。「柏たなか第二公園」や「柏たなか第四公園」など子どもの遊び場に適した児童公園も充実している。エリアの北を流れる利根川沿いでは開放的な風景を眺めながらサイクリングやジョギングも楽しめる。

農村として発展してきたこのエリア周辺では、現在も農業を活かしたまちづくりが進められている。朝市の「農直市場たなかなか」では新鮮な野菜を購入できるほか、農業体験農園で野菜作りを体験できることもうれしい。

ショッピング施設や子育て施設に恵まれ、豊かな緑に彩られた「柏たなか」駅周辺。ここでは快適な毎日を満喫できるだろう。

あわせて読みたい。関連ページ