柏市立田中北小学校 吉田校長先生 インタビュー

小規模校ならではのきめ細かい指導と、
地域とのつながりを大切にする「柏市立田中北小学校」

柏市の北端に位置し、野田市・流山市と隣接する公立小学校「柏市立田中北小学校」。全学区が市街化調整区域であるため、田畑や雑木林、利根川といった自然環境に恵まれている。今回は同校の吉田德子校長先生に、学校の取り組みや柏たなかエリアの魅力についてお話を伺った。

柏市立田中北小学校
柏市立田中北小学校

みんな仲良しの少人数クラスに、競争心をプラス

――学校の沿革と概要を教えてください。

吉田校長:ここは創立64年の歴史ある小学校です。全校児童は現在188人。1年生のみ2クラスで、あとは特別支援学級の「太陽学級」を含めて1クラスずつと規模は小さめです。1クラスあたりの児童も30名ほどです。ただ、周辺には住宅が増えているので、これから児童数もそれに従って増えていくと思います。

校庭
校庭

――小規模クラスの特徴を教えてください。

吉田校長:一人ひとりに目が行き届きやすいのが良いところです。一方で、常に教師に見てもらえるため、子どもたちの競争心が育たないという点もあり、そのことを心配する保護者もいらっしゃいます。そこで今年度は「子どもたちのできることを増やしていこう」という目標を掲げ、活動してきました。すると、音楽部は千葉県吹奏楽コンクールで銀賞を受賞し、早くも手ごたえを感じています。また、バスケットボールの試合で負けて悔し涙を流す児童にも大きな成長を感じました。

――歴史ある公立小学校として、どんな役割を果たして来られたのでしょうか。

吉田校長:柏市内でいち早く授業にパソコンを取り入れたことは、誇らしい実績といえるでしょう。時期的には、昭和の終わりから平成のはじめ頃ですね。パソコンを取り入れた授業の進め方や指導法など、本校から他校へと広がって行きました。

調べ学習がしやすい図書室とコンピューター室
調べ学習がしやすい図書室とコンピューター室

――他校にはない設備などはありますか。

吉田校長:郷土資料室は、比較的珍しいかもしれません。この一帯で使われていた農機具や織機、洗濯桶といった日用品を置いていて、主に3年生の授業で地域の昔の暮らしを学ぶ際に利用しています。また、デジタル教科書が設置された空き教室の一室を「英語ルーム」として、英語の時間に使っています。

郷土資料室
郷土資料室

さまざまな算数の学び、詩の暗唱に取り組む

――力を入れている分野や特色ある取り組みについて教えてください。

吉田校長:近年は算数に力を入れていて、タイムを競う形で全校児童が行っている「計算チャレンジ」、担任と外部講師で希望者を指導する「放課後算数教室」、柏市の生涯学習課から予算をもらって実施している「ステップアップ教室」など、さまざまな取り組みを行っています。基礎的な計算力の向上や苦手分野の補習など、それぞれに目的をもって取り組んでいます。

――他にも貴校ならではの教育活動はありますか。

吉田校長:詩の暗唱でしょうか。内容は夏目漱石の『坊っちゃん』の冒頭や『平家物語』の一節など、子どもたちに残したい美しい日本語の文章を選んでいます。専用のテキストを用意していて、1~6年生まで毎月1つお題が決まっています。休み時間に職員室へ行って、そこにいる先生にみてもらいながらテストを受けます。覚えるのには集中力が必要なので、国語力をはじめ集中力も養えますし、本への興味が促されて読書にもつながります。

英語ルーム
英語ルーム

――指導で心がけていることなどはありますか。

吉田校長:活発な意見交換を促すため、各授業でホワイトボードの活用を推進しています。今実施しているのは1年生、4年生、5年生の3学年。一人ひとり自分の考えを書いて、周りの子に発表するんです。算数だったら自分なりの解き方を書いたりなど。ホワイトボードだと自然と文字が大きくなるので、要約の練習にもなります。

地域との密な連携が、地元への愛着を育む

――「柏たなか」という街の特徴を活かした活動はありますか。

吉田校長:1つはこの辺りの農村地帯で400年続く伝統行事「おびしゃ」についての学びです。継承者が年々減っていると知り、ぜひ本校で子どもたちに「おびしゃ」について教えてほしいと保存会にお願いしました。そして、昨年度から保存会の方々に3年生の社会の授業に来ていただき、「おびしゃ」の成り立ちや踊り、太鼓などを教えていただいています。 もう1つは土地柄を活かした農業体験。これは今年度から地域の方に田んぼをお借りして、5年生に田植えや稲刈りを体験させてもらっています。

たなかっ子祭の七夕飾り(提供:田中北小学校)
たなかっ子祭の七夕飾り(提供:田中北小学校)

――地域と一緒に行うイベントなどはありますか。

吉田校長:たくさんありますよ。春は「桜まつり」、夏は「七夕まつ祭り」、秋は「音楽フェスタ」、冬は「凧あげ」など、田中地区にある4校と地域が一体となって地域を盛り上げています。また、季節の行事だけではなく、「千葉県立柏高等学校」の生徒を講師に「おもしろ理科実験教室」が開かれることもあり、地域との交流はとても盛んです。

――近隣の幼稚園や保育園、進学先となる「柏市立田中中学校」との交流はありますか。

吉田校長:すぐ隣の「おお田保育園」の園児とは1年生を中心に盛んに交流しています。校内を案内したり、昔遊びという行事を一緒に楽しんだり。また、中学とはこの地域一帯で交流しています。田中地区の小・中学校4校の児童会と生徒会で「誰にでも優しくしましょう」「元気にあいさつをしましょう」「ルールを守りましょう」という3つの目標を掲げた「たなかっ子宣言」を定め、活動しているんです。「柏市立柏高等学校」とも交流があり、全国大会常連の吹奏楽部の先生や生徒さんに、音楽部を指導していただくこともあります。

「おらが街」「おらが学校」という意識が子どもを守る

きれいに揃えられた靴
きれいに揃えられた靴

――今後力を入れて取り組んでいきたい活動があれば、教えてください。

吉田校長:当たり前のことを当たり前にする。これを大切にしていきたいと思います。気持ちの良い挨拶や返事をはじめ、脱いだ靴は揃えるといったマナー、ルールの順守、友だちへの思いやりなど、基本の指導をしっかりやっていきたいですね。

――最後に、「柏たなか」エリアの環境の魅力を教えてください。

吉田校長:地域全体が子どもに対してあたたかいことでしょうか。「おらが街」「おらが学校」という考えが浸透していて、地域をあげて子どもたちをみていこうという空気を感じます。これまで柏市の学校をいくつもまわりましたが、ここまで人があたたかい地域ははじめてです。

柏市立田中北小学校

吉田德子校長先生
所在地:千葉県柏市大青田1536-1
電話番号:04-7131-4883