ベイエリアが身近で穏やかなベッドタウン、千葉市花見川区エリア

人気のベイエリアに隣接

ベイエリアの街並み
ベイエリアの街並み

千葉市の北東部から浦安市にかけてのベイエリアには、近年の埋め立てにより誕生した比較的新しい街が広がる。これらベイエリアの街は先進的なスポットが数多く立地することでも注目されており、首都圏東部では有数の人気タウンとなっている。

多彩な店が集まる「イオンモール幕張新都心」
多彩な店が集まる「イオンモール幕張新都心」

ベイエリアには「イオンモール幕張新都心」や「三井アウトレットパーク 幕張」、「コストコホールセール 幕張倉庫店」など大規模ショッピング施設が充実し、買い物の選択肢が豊富。1年を通して様々なイベントが開催される「幕張メッセ」や千葉ロッテマリーンズのホームスタジアム「ZOZOマリンスタジアム」といったレジャー施設もあり、楽しみは幅広い。

千葉市花見川区は千葉市の北東に位置し、古くからベッドタウンとして開発されたエリアだ。ベイエリアのショッピング施設やレジャースポットに近く、花見川沿いなど自然にも恵まれた住宅街が広がっている。

東京都心にスムーズにアクセス可能

JR総武線「新検見川」駅
JR総武線「新検見川」駅

花見川区エリアは交通アクセスの利便性も高い。「新検見川」駅からJR総武線を利用すれば「秋葉原」駅や「新宿」駅などにダイレクトアクセス可能。「津田沼」駅で快速に乗り換えれば「東京」駅や「品川」駅方面にもスムーズにアクセスできる。

JR京葉線「検見川浜」駅
JR京葉線「検見川浜」駅

京成千葉線の「検見川」駅やJR京葉線の「検見川浜」駅も利用可能だ。京成千葉線は新京成線と直通しており千葉県北東部への移動に、JR京葉線は「新浦安」駅や「舞浜」駅などベイエリアへのアクセスに利用できる。

花見川区エリア周辺に国道14号や国道357号など幹線道路が多いことから自動車も使いやすい。東関東自動車道の「湾岸千葉」ICや「湾岸習志野」IC、京葉道路の「武石」ICも近く、東京都内や「成田国際空港」方面へのドライブもスムーズだ。

ショッピング施設や公共施設が充実

エリア周辺にはスーパーマーケット「西友 新検見川店」、ドラッグストア「ヤックスドラッグ 新検見川店」などが揃い、日常の買い物を身近で済ませることが可能。おしゃれなカフェも点在しており、買い物ついでにお茶を楽しむこともできる。

「千葉市 花見川区役所」にも短時間でアクセス可能
「千葉市 花見川区役所」にも短時間でアクセス可能

千葉市 花見川区役所」や「千葉市みずほハスの花図書館」など公共施設も近く、気軽に公共サービスを利用できるだろう。

恵まれた子育て施設

「花園幼稚園」など子育て施設が充実
「花園幼稚園」など子育て施設が充実

エリア周辺には「花園幼稚園」や「新検見川幼稚園」など幼稚園、「新検見川すきっぷ保育園」や「千葉検見川雲母保育園」など保育施設が多く、子育てファミリーが暮らしやすい環境が整う。

子ども英会話ペッピーキッズクラブ 新検見川教室」や「千葉バレエアカデミー」など習い事施設が多いこともうれしい。

自然に親しめる大規模公園が身近

水辺の散策が楽しめる「検見川の浜」
水辺の散策が楽しめる「検見川の浜」

ベイエリアには「検見川の浜」をはじめ、ファミリーで過ごせるスポットも豊富だ。「検見川の浜」の隣接する「稲毛海浜公園」にはバーベキュー施設やサイクリングセンター、「千葉市花の美術館」、「稲毛海浜公園プール」など多彩な施設が揃い、思い思いの休日を満喫できる。

花見川区エリアの西を流れる花見川沿いには「花見川サイクリングコース」が整備されており、散策やサイクリングを楽しめる。花見川の対岸にも日本庭園や花時計などがある「県立幕張海浜公園」が広がり、休日の楽しみは無限だ。

ベイエリアの利便性を享受しながら、穏やかな住環境に恵まれた花見川区エリア。この街では快適な暮らしを実現できるだろう。

ベイエリアが身近で穏やかなベッドタウン、千葉市花見川区エリア
所在地:千葉県千葉市花見川区 

あわせて読みたい。関連ページ