商店街や大学、公共施設など地域に根差した施設が充実し、活気が絶えない船橋市北習志野エリアの魅力をさぐる

豊かな緑に包まれる成熟したベッドタウン

北習志野エリアのまちなみ
北習志野エリアのまちなみ

千葉県の西部に位置する船橋市は、64万人以上の人口(2022(令和4)年4月)を誇るなど、千葉県西部の拠点としてにぎわう。東京都心に近いことから住宅地の開発も進み、ベッドタウンとしても人気が高い。なかでも北習志野は船橋市内でも高台にあり、地盤がよく緑も豊かで暮らしやすいまちだ。

現在の北習志野周辺には、江戸時代に徳川幕府の軍馬養成施設「小金牧」が置かれていた。明治維新後、「小金牧」は軍の演習場として使用されるようになる。明治天皇が演習場を視察した際に「習志野ノ原」と命名し、以来、演習場周辺が習志野と呼ばれるようになったという歴史を持つ。

「習志野台商店街(JuJuきたなら)」などショッピング施設も充実
「習志野台商店街(JuJuきたなら)」などショッピング施設も充実

戦後、演習場跡地は農地となり、1955(昭和30)年代以降は徐々にベッドタウンの開発が進められた。現在はショッピング施設や緑豊かな公園が充実する成熟したまちに成長している。「日本大学 船橋キャンパス」が近いことから、学生の姿も多く、まちには活気があふれる。1996(平成8)年に東葉高速線が開通し、東京都心へのダイレクトアクセスができるようになったため、住宅地として改めて注目されるようになった。

東葉高速線で東京都心へダイレクトアクセス

新京成線と東葉高速線が乗り入れる「北習志野」駅
新京成線と東葉高速線が乗り入れる「北習志野」駅

このエリアの最寄りとなる「北習志野」駅には新京成線と東葉高速線の2路線が乗り入れ、交通アクセスの利便性も高い。東葉高速線は「西船橋」駅から東京メトロ東西線に直通運転を行っており、「日本橋」駅や「大手町」駅などにダイレクトアクセスできる。「北習志野」駅から「大手町」駅への所要時間はわずか30分程度で、東京都心への通勤も苦にならない。

新京成線で「新津田沼」駅に出れば、JR総武線「津田沼」駅は目の前。JR総武線快速で「東京」駅、JR総武線各駅停車で「新宿」駅方面にもスムーズにアクセスできる。新京成線の日中時間帯の一部の電車は「京成津田沼」駅から京成千葉線に直通しており、「京成千葉」駅や「千葉中央」駅など千葉市中心部にダイレクトアクセス可能だ。

「北習志野」駅は路線バスのターミナルともなっており、「津田沼」駅や「高根公団」駅、「船橋」駅などへ向かう多くのバス路線が発着する。目的地によってはバスの利用も便利だろう。また、平日には毎夜「北習志野」駅に午前2時頃到着する東京方面からの深夜バスもある(※2022(令和4)年5月現在、新型コロナウイルス感染症の影響により運休中)。

スーパーマーケットや商店街が充実

24時間営業で便利な「西友 新北習志野店」
24時間営業で便利な「西友 新北習志野店」

北習志野は買い物環境もよい。とくに「スーパー新鮮館 魚次 北習志野店」は鮮魚店がルーツのスーパーマーケットで、新鮮な食材が手に入ると評判だ。朝7時から深夜1時まで営業している「西友 新北習志野店」、24時間営業の「西友 北習志野店」も近く、帰宅が夜遅くなっても買い物ができる。「北習志野」駅直結のショッピング施設「エキタきたなら」には、テイクアウト総菜店などが入り、電車を利用した際のちょっとした買い物に便利だ。

北習志野エリア周辺にはけやき並木にアーケードが続く「習志野台商店街(JuJuきたなら)」をはじめ、「七夕祭り(ほおずき市)」や「ハロウィン祭り」などイベントも多い「ビアーレきたなら」、約90店舗が集まる「エビス通り商店会」といった商店街が広がり、多彩な買い物ニーズに応えてくれるとともに、街に賑わいを持たせている。

近隣に多数の保育施設

北習志野エリアは子育てファミリーの暮らしの場として重要な保育施設も集まる。公立の保育施設は「習志野台第一保育園」、「習志野台第二保育園」、「芝山第一保育園」などが近く、私立の保育施設では「杉の子保育園」、「めぐみ保育園」、「シーガル保育園」、「アンデルセン保育園」といった定員100名を超える大規模施設も多い。2020(令和2)年には「船橋こどもの木保育園」も開園し、さらに保育施設が充実した。

新しい園舎でより快適になった「瑞穂幼稚園」
新しい園舎でより快適になった「瑞穂幼稚園」

幼稚園も2018(平成30)年に完成した新しい園舎が完成し、天然芝の庭を持つ「瑞穂幼稚園」なども揃う。「習志野台幼稚園」はバイリンガル教育に力を入れているほか、保育施設の「アポロンの丘」や「保育ステーション ハミングバード」、民間学童保育「KOSO Living Lab」と多彩な子育て施設を運営する。インターナショナルプリスクール「クレヨンキッズ北習志野園」も身近で、子どもの個性にあった施設を選べるだろう。

船橋市では18歳未満の子どもが自由に遊べる屋内施設「児童ホーム」を市内21か所に設置しており、北習志野エリアからは「習志野台児童ホーム」が近い。「児童ホーム」では「遊びの先生」が子どもを見守ってくれ、安心して子どもを遊ばせられる。

子どもに人気の公園が身近

子どもの遊び場としてにぎわう「高根木戸近隣公園」
子どもの遊び場としてにぎわう「高根木戸近隣公園」

エリア周辺には「北習志野近隣公園」など地域の憩いの場として親しまれている公園も豊富だ。「高根木戸近隣公園」の木製アスレチック遊具は子どもに人気が高い。ほかにも、恐竜のモニュメントが置かれ「怪獣公園」とも呼ばれる「高根木戸第三号公園(怪獣公園)」、水遊びができる「薬園台公園」などファミリーで楽しめる公園が多い。

「船橋アリーナ」は温水プールや卓球室、トレーニング室など充実したスポーツ施設だ。子ども向けから大人向けまで多彩なスクールが開かれている。船橋市ではバドミントンやドッジボールなどのスポーツを楽しめる「まちかどスポーツ広場」が市内各所に整備されている。北習志野エリア近くにも「月見台」や「飯山満」に「まちかどスポーツ広場」があり、気軽に体を動かしてリフレッシュできるだろう。

東京都心にアクセスしやすく、買い物環境や子育て環境に恵まれ、公園も多い。また、歴史を持ちながらも長く活気を持ち続けている北習志野の街。暮らしの魅力にあふれたエリアと言えるだろう。

あわせて読みたい。関連ページ