ファミリーを中心に暮らしやすい街として注目されている柏市南柏

柏市は千葉県の北東部に位置し、近年は暮らしの利便性と落ち着いた雰囲気が両立する住宅地として人気が高い。JR常磐線「南柏」駅の西に広がる南柏も交通アクセスや買い物が便利で暮らしやすいベッドタウンとして注目されている。

「南柏」駅開業をきっかけにベッドタウンに進化

江戸時代の南柏には水戸街道が通過していた。水戸街道は江戸と徳川御三家のひとつ、水戸徳川家が治めていた水戸藩を結ぶ重要な道で、多くの人が行き交っていたという。今も旧水戸街道沿いには「八坂神社」や「香取神社」などに長い歴史を感じられる。

また、江戸時代、千葉県北部には幕府の軍馬養成施設である「小金牧」が設けられていた。現在も「豊四季第一緑地」内に「小金牧」から馬の逃亡を防ぐための「野馬土手」が残っている。

「南柏」駅前には「フィールズ南柏」など新しいショッピング施設が誕生
「南柏」駅前には「フィールズ南柏」など新しいショッピング施設が誕生

1953(昭和28)年に「南柏」駅が開業すると交通の利便性が向上し、「南柏」駅の西口一帯で区画整理が行われるなど、現在の街並みの基盤が築かれた。平成になると「南柏」駅東口周辺でも区画整理が行われ、「キュア・ラ」や「フィールズ南柏」といったショッピング施設も誕生。さらに暮らしの利便性が向上している。

東京メトロ千代田線直通電車で東京都心に直結

JR常磐線「南柏」駅
JR常磐線「南柏」駅

「南柏」駅に近い南柏は交通アクセスの利便性に恵まれている。「南柏」駅から利用できるJR常磐線各駅停車は東京メトロ千代田線に直通しており、「大手町」駅、「日比谷」駅、「霞ヶ関」駅など東京都心方面へダイレクトアクセスできる。「松戸」駅で乗り換えできるJR常磐線快速は2015(平成27)年の上野東京ライン開通に伴い、一部の電車が「東京」駅や「品川」駅に直通するようになり、利便性が大幅に向上した。 

「キュア・ラ」内にある「カスミ フードスクエア南柏駅前店」
「キュア・ラ」内にある「カスミ フードスクエア南柏駅前店」

南柏は買い物も便利だ。「南柏」駅の南側にはスーパーマーケット「カスミ フードスクエア南柏駅前店」などが入る「キュア・ラ」、スーパーマーケット「マミーマート 南柏店」などが入る「フィールズ南柏」があり、日常の買い物を身近で済ませることが可能。水戸街道沿いには「イオンモール柏」、「MEGAドン・キホーテ 柏店」、「アクロスプラザ流山」といった大規模ショッピング施設もある。

電車で「柏」駅まで出れば、「柏タカシマヤ」や「柏マルイ」などのショッピング施設が集まり、休日のショッピングの楽しみも多い。

子育て環境に恵まれた街

柏市は子育てしやすいことでも知られている。柏市内には就学前の子どもとその保護者、妊婦が利用できる「地域子育て支援センター」があり、子どもの遊び場、保護者同士の交流の場として親しまれている。

子育てを手助けして欲しい人と子育てを手伝いたい人をつなぐ「かしわファミリー・サポート・センター」や「柏市役所」をはじめショッピング施設内に設けられ、おむつ替えや授乳に利用できる「あかちゃんほっとステーション」など子育てをサポートする施設が多いこともうれしい。

柏市では子どもの医療費助成の対象が0歳から中学校3年生までとされており、通院は1回につき300円、入院は1日300円、調剤は無料となる。待機児童問題にも力を入れており、2018(平成30)年4月1日時点の国基準の保育所待機児童数は4年連続で0人を達成しているほか、さらなる保育施設の定員増加を進めている。

新しい園舎が心地よい「くりの木幼稚園」
新しい園舎が心地よい「くりの木幼稚園」

南柏周辺でも「くりの木幼稚園」や「柏保育園」など幼稚園、保育施設が揃い、子育てしやすい環境が整う。

広々とした公園が身近

緑の中に遊具が揃う「松ヶ丘ふるさと公園」
緑の中に遊具が揃う「松ヶ丘ふるさと公園」

南柏周辺は「南柏第一公園」、「南柏児童遊園」など子どもの遊び場に適した公園が充実。「東部近隣公園」や「松ヶ丘ふるさと公園」など子どもがのびのびと遊べる広い公園も身近だ。

サッカーJリーグ「柏レイソル」のホームスタジアムとなっている「三協フロンテア柏スタジアム(日立柏サッカー場)」がある「日立台公園」も近く、気軽に観戦できることもうれしい。

「南柏」駅に近く、ショッピング施設に恵まれ、子育て施設や公園も身近な柏市南柏。ここではファミリーだけでなくあらゆる人が快適な暮らしを楽しめる街だ。

あわせて読みたい。関連ページ