東京都心にアクセスしやすく、ショッピング施設が充実、子育て環境もよい柏市南柏

柏市は千葉県の北東部に位置し、「柏」駅周辺を中心にショッピングタウンとしてにぎわう。緑に恵まれた住宅地の開発も進み、ベッドタウンとしての人気も高い。JR常磐線「南柏」駅周辺に広がる南柏も交通アクセスや買い物の利便性、落ち着いた雰囲気を兼ね備えた住宅地が広がる。

「南柏」駅前に「フィールズ南柏」などが誕生
「南柏」駅前に「フィールズ南柏」などが誕生

区画整理で街の基盤が整う

江戸時代の南柏には水戸街道が通っていた。水戸街道は江戸と徳川御三家のひとつ水戸徳川家が治めていた水戸藩を結ぶ重要な道路で、多くの人が行き交っていたという。今も旧水戸街道沿いには「八坂神社」や「香取神社」などが残り、この地の歴史を感じられる。

南柏の歴史を感じる「八坂神社」
南柏の歴史を感じる「八坂神社」

1953(昭和28)年に「南柏」駅が開業すると交通の利便性が向上したこともあり、「南柏」駅の西口一帯で区画整理が行われた。平成になると「南柏」駅東口周辺でも区画整理が行われ、「キュア・ラ」や「フィールズ南柏」といったショッピング施設が誕生。さらに暮らしの利便性が向上している。

東京メトロ千代田線直通電車で東京都心直結

JR常磐線各駅停車が停車する「南柏」駅
JR常磐線各駅停車が停車する「南柏」駅

南柏は交通アクセスの利便性も魅力だ。「南柏」駅に停車するJR常磐線各駅停車は東京メトロ千代田線に直通運転が行われており、「大手町」駅、「日比谷」駅、「霞ヶ関」駅など東京都心方面へダイレクトアクセスできる。「松戸」駅で乗り換えできるJR常磐線快速は2015(平成27)年の上野東京ライン開通に伴い、一部の電車の「東京」駅や「品川」駅への直通運転が始まっている。

「船橋」駅から「柏」駅や「流山おおたかの森」駅、「春日部」駅を経由して「大宮」駅に向かう東武アーバンパークライン「新柏」駅も徒歩圏内で、目的地によって使い分けることが可能だ。

スーパーマーケットに加え、大規模ショッピング施設も身近

「南柏」駅前の「カスミ フードスクエア南柏駅前店」
「南柏」駅前の「カスミ フードスクエア南柏駅前店」

南柏は買い物環境にも恵まれている。「南柏」駅の南側にはスーパーマーケット「カスミ フードスクエア南柏駅前店」などが入る「キュア・ラ」、スーパーマーケット「マミーマート 南柏店」などが入る「フィールズ南柏」があり、日常の買い物を身近で済ませることが可能。北側の水戸街道沿いには「イオンモール柏」、「MEGAドン・キホーテ 柏店」、「アクロスプラザ流山」といった大規模ショッピング施設もある。

「柏」駅前の「柏タカシマヤ」も使いやすい
「柏」駅前の「柏タカシマヤ」も使いやすい

東武アーバンパークライン「新柏」駅周辺にもスーパーマーケット「東武ストア 新柏店」、「KEIHOKUスーパー新柏店」があるほか、電車で「柏」駅まで出れば、「柏タカシマヤ」や「柏マルイ」などの大規模ショッピング施設での買い物も楽しめる。

子育て環境に恵まれた街

柏市は子育てしやすい街としても知られている。2018(平成30)年度の「柏市まちづくり推進のための調査 結果報告書」によると、「柏市は子育てをしやすいまちだと思いますか」という質問に42.6%が「そう思う」と答えている。理由には「子どもの遊び場があること」、「幼稚園や保育園などの施設が充実していること」、「子どもの身の回りのものを揃えられる店があること」、「子どものための病院がある」ことがあげられており、子育て環境のよさがうかがえる。

児童センターを併設する「光ケ丘近隣センター」
児童センターを併設する「光ケ丘近隣センター」

南柏周辺にも「光ケ丘近隣センター」内にある児童センター「光ケ丘遊戯室」や、「柏みどり保育園」内にある子育て支援センター「あそぼ」など子育てをサポートする施設があり、安心して子育てできそうだ。

「柏レイソル」ホームスタジアムも徒歩圏内

柏レイソルのホームスタジアム「日立柏総合グラウンド(三協フロンテア柏スタジアム)」
柏レイソルのホームスタジアム「日立柏総合グラウンド(三協フロンテア柏スタジアム)」

南柏周辺には「南柏第一公園」、「南柏児童遊園」など子どもの遊び場に適した公園が多い。サッカーJリーグ「柏レイソル」のホームスタジアムである「三協フロンテア柏スタジアム(日立柏サッカー場)」がある「日立台公園」も近く、気軽に観戦できることもうれしい。

東京都心に直結、ショッピング施設が揃い、子育て環境もよい柏市南柏。ここは子育てファミリーを中心に暮らしやすい街として注目されている。

あわせて読みたい。関連ページ