「三咲」駅に近く、暮らしの利便性に恵まれ、「ふなばしアンデルセン公園」も生活圏内にある船橋市三咲エリアの魅力

自然が身近なベッドタウン

船橋市は千葉県の西部に位置し、千葉県内では千葉市に次いで2番目に多い人口を誇るなど、千葉県の主要都市として重要な役割を果たしている。

船橋市のほぼ中央、新京成線「三咲」駅周辺に広がる三咲エリアは江戸時代に軍用馬を生産していた「小金牧」が明治時代に開墾され、農村として発展した歴史を持つ。現在は成熟した街並みが広がり、緑豊かな住宅地として注目されている。

三咲エリアの街並み
三咲エリアの街並み

新京成線「三咲」駅至近

三咲エリアは交通アクセスの利便性も高い。「三咲」駅から新京成線に乗れば「新津田沼」駅まで13分。「新津田沼」駅はJR総武線の「津田沼」駅に隣接しており、快速で「東京」駅や「品川」駅、各駅停車で「秋葉原」駅や「新宿」駅などにスムーズにアクセスできる。

「三咲」駅からはバス路線も多い。とくに「船橋」駅方面に向かうバスは本数も多く、JR総武線利用の際はバスでのアクセスが便利だ。

「三咲」駅前を通る県道夏見小室線を北東に進めば約10分で国道16号や国道464号北千葉道路にアクセスでき、「成田空港」方面へのドライブも楽しめる。

三咲駅
三咲駅

「二和出張所」など公共施設や「船橋二和病院」など医療機関が充実

三咲エリアからは公共施設や医療機関も近い。「三咲」駅から新京成線で1駅の「二和向台」駅徒歩1分、三咲エリアから徒歩でもアクセスできる場所に「二和出張所」があり、行政手続きなどが必要になっても短時間で済ませられる。

内科や循環器内科などを持つ「大島記念嬉泉病院」、船橋市北部地域の総合病院として、24時間の救急医療に対応する「船橋二和病院」も身近で、体調を崩した際も安心だ。

二和出張所
二和出張所

ヤオコー 船橋三咲店」など多彩なショッピング施設が集まる

三咲エリアは買い物環境もよい。「三咲」駅周辺には午前9時から午後9時まで営業している「業務スーパー 三咲店」、生鮮食料品が充実する「ヤオコー 船橋三咲店」などスーパーマーケットが集まる。「二和向台」駅の北側にある「カスミ フードスクエア 咲が丘店」は深夜0時まで営業しており、帰宅が夜遅くなっても買い物ができる。

近隣には「コジマ×ビックカメラ 船橋店」、「ワークマンプラス 船橋三咲店」など専門店も多い。少し足を延ばせば、「イオン鎌ヶ谷ショッピングセンター」や「ショッピングプラザ鎌ヶ谷」といった大規模ショッピング施設での買い物も楽しめる。

ヤオコー 船橋三咲店
ヤオコー 船橋三咲店

保育施設や公園が近く、恵まれた子育て環境

三咲エリア周辺には「船橋あおぞら保育園」、「船橋あおぞら保育園分園」、「船橋市立二和保育園」など保育施設が多く、子育てファミリーも暮らしやすい。共働き家庭の子どもなどの放課後の居場所となる「船橋市役所 三咲第1放課後ルーム」や「船橋市 八木が谷児童ホーム」も近い。

三咲向陽台公園」、「二和白百合公園」、「咲が丘3丁目公園」など子どもの遊び場となる公園も充実している。

船橋あおぞら保育園
船橋あおぞら保育園

国内有数の人気を誇る「ふなばしアンデルセン公園」などおでかけも自由自在

三咲エリア周辺は休日のお出かけスポットも多彩だ。トリップアドバイザーによる「トラベラーズチョイス 世界の人気観光スポット2015」の「テーマパーク部門」で日本国内第3位に輝くなど人気を誇る「ふなばしアンデルセン公園」は三咲エリアから約2kmと近く、「三咲」駅から直通のバスもある。

三咲エリアの東、約1kmに広がる「丘の上のいちご園」では千葉県で開発されたイチゴの新品種「チーバベリー」も栽培しており、シーズンにはいちご狩りも楽しめる。お出かけのあとは、高濃度炭酸湯のスーパー銭湯「湯乃市 鎌ヶ谷店」でリフレッシュできるのもうれしい。

三咲エリア周辺には珈琲とパンが人気の「ピーターパン珈琲 船橋市三咲店」、古き良き佇まいが心地よい「ほん和か・café」など雰囲気のよいカフェも充実。パティスリー「菓人 KICHISE(かじん きちせ)」などテイクアウトグルメの人気店も近い。

緑に恵まれ、暮らしの利便性も高い三咲エリア。ここでは便利で快適な日々を満喫できるだろう。

船橋アンデルセン公園
船橋アンデルセン公園

「三咲」駅に近く、暮らしの利便性に恵まれ、「ふなばしアンデルセン公園」も生活圏内にある船橋市三咲エリアの魅力
所在地:千葉県船橋市 

あわせて読みたい。関連ページ