市の中心地ならではの利便性を享受し、再開発による進化も期待される千葉市中央区富士見エリア

「千葉」駅前に広がる活気にあふれ、美しいまちなみ

千葉市中央区はその名の通り千葉市のほぼ中央に位置し、「千葉県庁」や「千葉市役所」を擁する千葉市の行政の中心地として重要な役割を担っている。

「千葉」駅と「千葉中央」駅の東側に広がる富士見エリアは千葉市のメインストリートとしてにぎわう「中央公園プロムナード」が延び、古くから千葉市の中心地として栄えてきた。また、エリア周辺は都市景観デザイン推進地区にもなっており、整った景観も魅力の一つとなっている。

富士見エリアのまちなみ
富士見エリアのまちなみ

JR総武線始発電車で東京都心にも快適アクセス

富士見エリアは「千葉」駅をはじめ複数の駅が徒歩圏内にあり、交通アクセスの利便性に恵まれている。「千葉」駅はJR総武線やJR外房線、JR内房線など多くの路線が集まる千葉県内最大のターミナル駅だ。

JR総武線は各駅停車のほか快速も利用でき、快速で「東京」駅や「品川」駅、各駅停車で「秋葉原」駅や「新宿」駅など東京都心へのアクセスも快適。各駅停車はすべての電車が「千葉」駅始発、快速も「千葉」駅始発の電車が多く、座って移動できる点が魅力だ。

東京都心方面への始発電車も利用できる「千葉」駅
東京都心方面への始発電車も利用できる「千葉」駅

富士見エリアからは千葉都市モノレール「栄町」駅も近い。千葉都市モノレールで「千葉みなと」駅に行けば、JR京葉線に乗り換えでき、「海浜幕張」駅、「舞浜」駅などベイエリアへのアクセスもスムーズ。千葉都市モノレールは「千葉市役所」最寄りの「市役所前」駅、「千葉市動物公園」最寄りの「動物公園」駅など市内の移動に利用しやすい。

富士見エリア周辺には国道14号や国道51号、国道126号など幹線道路が充実し、カーアクセスも快適だ。京葉道路の「松ヶ丘」ICや「貝塚」IC、千葉東金道路の「千葉東」ICにもアクセスしやすく、東京都心や「成田空港」、房総方面へのドライブも気軽に楽しめるだろう。

徒歩圏内に多くの大規模ショッピング施設が集まる

富士見町エリア周辺は「そごう千葉店」など大規模ショッピング施設が集まる千葉県有数のショッピングタウンとなっている。「千葉」駅には駅ビル「ペリエ千葉」が、「千葉」駅から「千葉中央」駅間には「C-one(シーワン)」が、「千葉中央」駅には映画館「京成ローザ10」を併設する「千葉中央ショッピングセンターMio」があり、各ショッピング施設を回遊しながらの買い物も楽しめる。

「ヨドバシカメラ 千葉店」など専門店も多い
「ヨドバシカメラ 千葉店」など専門店も多い

「ヨドバシカメラ 千葉店」など大規模専門店も充実。2022(令和4)年11月には「千葉」駅東口前の再開発ビル「マインズ千葉」に千葉市初出店の大型店舗「ビックカメラ千葉店」がオープンする予定。2024(令和6)年春には「千葉パルコ」跡地にスーパーマーケットやファッション、雑貨のショップも入る再開発ビルが誕生する予定で、富士見エリアの買い物環境はさらに充実する。

公共施設や医療機関が充実

多彩な公共施設が集まる「Qiball(きぼーる)」
多彩な公共施設が集まる「Qiball(きぼーる)」

千葉市中央区役所」は富士見エリアの南側に立つ「Qiball(きぼーる)」内にあり、行政手続きなども身近に済ませられる。「Qiball(きぼーる)」には最新のプラネタリウムを備えた「千葉市科学館」などもある便利な施設だ。「千葉」駅前から富士見エリア周辺には「千葉銀行」、「京葉銀行」などの地方銀行や、各都市銀行の支店が揃っているのも便利なポイントだ。

「千葉」駅周辺には「三愛記念病院」や「井上記念病院」といった大規模病院が揃うほか、「千葉大学医学部附属病院」や「千葉市立青葉病院」といった高度な医療を提供する病院も近くに揃う。

緑豊かな公園や多彩な文化施設に近い

イベント会場として利用されることも多い「千葉市中央公園」
イベント会場として利用されることも多い「千葉市中央公園」

富士見エリア周辺は公園が多いことも特徴だろう。富士見エリアの東に隣接する「千葉市中央公園」には木々の間に噴水があり、イベントの会場として使われることも多い千葉市民の憩いのスポットだ。富士見エリアから北に向かえば春の桜、夏の大賀ハスなど四季の花の名所として親しまれる「千葉公園」が広がる。ここには野球場やプール、体育館などスポーツ施設も揃い、気軽に体を動かしてリフレッシュできる。

少し足を延ばせば、昔ながらの里山の景観が残る「千葉県立青葉の森公園」もある。ネイチャーゾーンの里の森や原っぱで緑を満喫できるほか、庭園や梅園など四季の風景を楽しめる施設も多い。

多彩な公演を楽しめる「千葉県文化会館」
多彩な公演を楽しめる「千葉県文化会館」

富士見エリア周辺には千葉県ゆかりの作家の作品を多数所蔵している「千葉市美術館」、千葉県唯一の単館映画のミニシアター「千葉劇場」など文化施設も充実。「亥鼻公園」内には、オペラやバレエ、クラシック音楽など多彩な公演が開かれる「千葉県文化会館」や、郷土の文化と歴史を学べる「千葉市立郷土博物館」があり、「千葉県立青葉の森公園」内には、能やコンサートなどが開かれる「芸術文化ホール」、千葉県の自然や歴史の展示が充実する「千葉県立中央博物館」など、公園内に文化施設も整っている。

千葉市中心部ならではの便利な暮らしを享受でき、緑や文化にも親しみやすい富士見エリア。ここは千葉市内でも有数の快適な暮らしを楽しめるまちだ。

市の中心地ならではの利便性を享受し、再開発による進化も期待される千葉市中央区富士見エリア
所在地:千葉県千葉市中央区