新開港の港を眺めるオーシャンフロントレストラン

AMANDAN SAIL(アマンダンセイル)

「ブイヤベース ”アマンダンセイル” のスペシャリテ」
「ブイヤベース ”アマンダンセイル” のスペシャリテ」

千葉のウォーターフロントにある「AMANDAN SAIL(アマンダンセイル)」は、広がる海を一望できるフレンチレストラン。ウェディングを専門にしているだけあり、豪華客船をイメージしたという店内はとってもお洒落な雰囲気に包まれている。一面ガラス張りの店内には優しい光が注ぎ込み、ゲストを迎えるスタッフのサービスも行き届いてるので、非日常の時間を楽しめるだろう。

AMANDAN SAIL(アマンダンセイル)内観
AMANDAN SAIL(アマンダンセイル)内観

平日のランチコースを目当てに訪れるお客がほとんどで、午前11時の開店と同時に店内は賑やかに。コースメニューの中身は季節に合わせて変わるので、旬な食材を味わえる。アミューズから始まり、最後にはデザートビュッフェが付いている。大人はもちろん、若い女性や子どもにも人気だ。

メニューの特長は、野菜をふんだんに用いた、ここでしか味わえないフレンチ料理の数々。「千葉市で生産された野菜をふんだんに使った料理が自慢です。千葉県産のスズキなども取り入れています」と教えてくれたのは料理長。この日は春野菜を使った料理を提供していた。

「熟成豚の春キャベツ包み シューに詰めたガルニチュールを添えて」
「熟成豚の春キャベツ包み シューに詰めたガルニチュールを添えて」

パティシエ出身の料理長は、ところどころにパティシエの技術をとりいれている。例えば、前菜は桜餅風に仕上げてあり、メインディッシュのお肉には、シュークリームのシューが添えられ、中にマッシュポテトを入れて野菜を飾り付けてある。フレンチ料理らしく、目でも楽しめる。

デザートビュッフェがあるのもうれしいポイント
デザートビュッフェがあるのもうれしいポイント

デザートビュッフェは、20種以上から好きなものを選べる。一つ一つが丁寧に作られ、上品な味わい。とても満足できるラインナップだ。60分制の「デザートビュッフェ」もある。

夏季は、レストランの前がビアガーデンになる。目の前には「千葉中央港旅客船桟橋」があるので、心地よい潮風の中、船の出入りを眺めながらおいしい料理とビールを楽しむことができる。レストランでは、個室があるので宴席を開くこともできる。6名以上で予約することができるそうだ。

AMANDAN SAIL(アマンダンセイル)
所在地:千葉県千葉市中央区中央港1-28-2 
電話番号:050-5306-8497
営業時間:11:00~20:00
定休日:水曜日、土・日曜日、祝日、年末年始
http://restaurant.novarese.jp/asl/

詳細地図