船橋・津田沼ベイエリアの成り立ちがわかる今昔レポート

千葉県の臨海部に広がる、船橋南部~津田沼にかけてのベイエリアは、東京都心部へアクセスしやすさや、豊富なショッピング環境が魅力です。
そんな船橋・津田沼ベイエリアが、どのようにして現在のような便利な街になっていったのか、各地の歴史を見ていきましょう。

津田沼村の誕生

明治期の船橋~津田沼エリア
明治期の船橋~津田沼エリア

「津田沼」が誕生したのは、1889(明治22)年のこと。
それまで谷津村・久々田(くぐた)村・鷺沼村・藤崎・大久保新田の5村に分かれており、田畑と砂浜が広がっているエリアでしたが、旧村の谷津の津、久々田の田、鷺沼の沼の三字をとって、村制施行時に村名となりました。当時の人口は約4500人とされ、その後、1903(明治36)年には津田沼町となりました。
また、「習志野」という名前は、1873(明治6)年に、現在の習志野市・船橋市・八千代市にまたがる小金牧の一部にあった陸軍の演習場を明治天皇が訪れた際、その地を「習志野原」と命名したことが始まりです。


現在の谷津干潟、谷津バラ園は遊園地、さらに前は塩田だった!

津田沼の地名の一部ともなり、現在は大型の団地や閑静な住宅街が広がる谷津エリア。特に、現在の「谷津干潟」周辺は、様々な変遷をたどって来ました。

明治初期~中期にかけて、船橋~習志野の海岸には4か所塩田が開かれました。その一つ、「谷津塩田」は1891(明治24)年頃に造られ、1899(明治32)年から1911(明治44)年まで、政府によって製塩技術の試験を行う「塩業調査所津田沼試験場」(写真)も置かれました。「谷津塩田」は1911(明治44)年と1917(大正6)年の暴風雨による高潮のため壊滅。塩田の跡地は主に現在の習志野市谷津三丁目と「谷津干潟」一帯となっています。

「京成電気軌道」は1925(大正14)年に「谷津塩田」の跡地を買い取り、「京成遊園地」(のちに「谷津遊園」へ改称)を開園します。この「谷津遊園」は、戦後も海水浴や潮干狩りができる海辺の遊園地として人気があったといいます。
昭和40年代に南側一帯の海が埋立てられましたたが、一部は現在も「谷津干潟」として残っています。
跡地の一部には、1986(昭和61)年に「住宅・都市整備公団」(現「UR」)による「谷津パークタウン」が誕生。
現在ある「谷津バラ園」は、「谷津遊園」内にあったバラ園がそのまま活用されており、1988(昭和63)年に開園したものです。

明治後期の谷津塩田
明治後期の谷津塩田

現在の谷津バラ園
現在の谷津バラ園


明治時代は戦争の影響で軍事施設が多かった津田沼エリア。鉄道連隊で活躍した蒸気機関車は子どもたちの人気者に。

1896(明治29)年に、戦争において鉄道で部隊や兵器を運ぶための工事を行う部隊「鉄道大隊」が創設されます。その後「日ロ戦争」での貢献により「鉄道連隊」となり、千葉県へ移転。本部・材料廠などが千葉町(現・千葉市椿森)に、「鉄道連隊第三大隊」が津田沼に置かれました。1918(大正7)年の「シベリア出兵」に伴う増強のため、「鉄道連隊第三大隊」は「鉄道第二連隊」に昇格します。資材の運搬用に敷設された津田沼から千葉までの路線は、その後、線路の敷設・撤去や機関車の運転の演習などが行われる演習線となりました。

戦後、「鉄道連隊」の車両は「西武鉄道」などへ払い下げられます。かつて「鉄道連隊」で活躍した「K2形蒸気機関車」は「ユネスコ村」で静態保存されたのち、1994(平成6)年に「津田沼一丁目公園」に移設され、子どもたちの人気者になっています。

昭和初期撮影の「鉄道第二連隊」の「軽便鉄道運転演習」
昭和初期撮影の「鉄道第二連隊」の「軽便鉄道運転演習」

「津田沼一丁目公園」にある「K2形蒸気機関車」の一部
「津田沼一丁目公園」にある「K2形蒸気機関車」の一部


「鉄道第二連隊」があった地に「千葉工業大学」が移転、現在も表門が残る。

周辺に多くの大学がキャンパスを構え、文教エリアとしての雰囲気も持つ津田沼エリア。そのキャンパスの敷地にはかつて軍事施設が置かれていました。

写真は1955(昭和30)年に撮影された「千葉工業大学」と、現在の写真を見比べたもの。
どちらにもある特徴的な門は、旧「鉄道第二連隊」の表門です。
「津田沼」駅の南に位置する「千葉工業大学」の敷地は、かつて「鉄道第二連隊」の本部があった場所で、旧「鉄道第二連隊」の表門は、現在も大学の通用門として使用されているのです。

「千葉工業大学」は、1942(昭和17)年、東京・町田の「玉川学園」内に「興亞工業大學」として設立され、その後千葉県君津へ移転し改称、1952(昭和27)年に、かつて「鉄道第二連隊」の本部があった場所に移転してきました。

「鉄道第二連隊」の敷地は、総武線「津田沼」駅の南北に広がり、南側に本部・兵舎・作業場が、北側に器材の保管・整備を行う倉庫や、演習用の「軍用津田沼」駅があったといいます。
旧「鉄道第二連隊」の表門は、総武線「津田沼駅」南、現在のバスターミナル付近に設置された後、大正時代に現在地に移転し、「千葉工業大学」の通用門となっています。1998(平成10)年には国の有形文化財にも登録されています。

1955(昭和30)年に撮影された「千葉工業大学」の様子
1955(昭和30)年に撮影された「千葉工業大学」の様子

現在の通用門の様子
現在の通用門の様子


天然温泉もあったレジャー施設「船橋ヘルスセンター」は「ららぽーとTOKYO-BAY」へ

船橋・津田沼ベイエリア一帯の大きな魅力は、大型商業施設が点在することです。 「ららぽーとTOKYO-BAY」もその一つで、約440店舗が軒を連ね、休日には多くの人で賑わっています。
そんな「ららぽーとTOKYO-BAY」ができる前、この地には総合レジャー施設がありました。

その総合レジャー施設とは、1955(昭和30)年にオープンした「船橋ヘルスセンター」です。
1960(昭和35)年頃の案内図(写真)を見ると、天然温泉の大浴場を中心に、遊園地、プール、舞台などがあります。遊覧飛行場、遊覧船、モノレールなど陸海空の乗り物や、人工ビーチ、人工スキー場、自動車レースを行う「船橋サーキット」など大規模な施設も充実していた周辺の人気レジャースポットだったようです。
しかし、1970年代に入るとレジャーの多様化により来場者数が減少し、1971(昭和46)年には地盤沈下抑制のため温泉・ガスの汲み上げを差し止められたこともあり、1977(昭和52)年に閉園となってしまいました。

そして1981(昭和56)年、「船橋ヘルスセンター」の跡地に日本最大規模の大型商業施設「ららぽーと船橋ショッピングセンター」が開業します。「三井不動産」が初めて手掛けたショッピングセンターでした。現在の名称「ららぽーとTOKYO-BAY」は2006(平成18)年から使用されています。

当時の船橋ヘルスセンターの様子
当時の船橋ヘルスセンターの様子

ららぽーとTOKYO-BAY
ららぽーとTOKYO-BAY


「津田沼戦争」と言われた「津田沼」駅前の商業施設競争!

現在、「津田沼」駅周辺には、駅直結の「ぺリエ津田沼」から「モリシア津田沼店」「津田沼PARCO」「ミーナ津田沼」「イオンモール津田沼」まで、大型の商業施設が多数立地しており、船橋と並ぶ周辺の人気ショッピングスポットとなっています。

複数の商業施設が立地し始めたのは、昭和後期、1977(昭和52)年のことです。
この年、「津田沼」駅北口に「パルコ」と「西友」の二館からなる「西武津田沼ショッピングセンター」が、新京成線「新津田沼」駅前に「イトーヨーカドー」がオープンしました。
さらに翌年には、南口に「ダイエー」と「高島屋」を核テナントとする「サンペデック」がオープンするなど、大型商業施設の出店が相次ぎ、集客のための競争が激化、「津田沼戦争」とも呼ばれるようになりました。

1980(昭和55)年の写真を見てみると、「津田沼駅北口土地区画整理事業」が進められていた影響でその仮設店舗が建ち並んでおり、奥には「パルコ」も見えます。
その後、仮設店舗があった場所は道路となり、1987(昭和62)年にはペデストリアンデッキができています。

1980(昭和55)年の「津田沼駅」北口駅前の様子。
1980(昭和55)年の「津田沼駅」北口駅前の様子。

現在の同地点
現在の同地点


今後もさらに便利な街へ進化していく船橋・津田沼ベイエリア

最後に、周辺には、現在もさらに便利になるべく開発が進んでいるエリアもあります。
例えば、谷津エリアの東、JR京葉線の「新習志野」駅と「海浜幕張」駅の間に新駅を設置する構想があります。
JR東日本が発表している計画では、両駅の中間に2023(令和5)年の開業を目指して進められる予定で、両駅の間にある「イオンモール幕張新都心」などの大規模商業施設に近いことから、近隣一帯の回遊性向上も見込まれています。

いかがだったでしょう。船橋・津田沼ベイエリアが様々な歴史を経て、現在のように便利な街となったことがわかったのではないでしょうか。