交通アクセスや買い物が便利で、医療機関や公園も揃いシニアが暮らしやすい浦安市東野

浦安市は千葉県最西部、東京都との県境に位置し、かつては漁村としてのどかな風景が広がっていたという。1969(昭和44)年に営団地下鉄(現・東京メトロ)東西線、1988(昭和63)年にJR京葉線が開通し交通アクセスの利便性が向上したことから、ベッドタウンとして発展した。1983(昭和58)年には大型テーマパークもオープンし、リゾートタウンとしても注目されるようになった。JR京葉線「新浦安」駅と東京メトロ東西線「浦安」駅の間に位置する東野も、広い歩道が整備された道路と整然とした街並みが特徴で、シニアも暮らしやすい住宅地が広がる。

3駅2路線を利用可能

東京メトロ東西線「浦安」駅
東京メトロ東西線「浦安」駅

2駅を利用できる東野は交通アクセスの利便性も魅力だ。「浦安」駅には東京メトロ東西線の各駅停車のほか、快速や通勤快速も停車し利用できる電車の本数が多い。東京メトロ東西線に乗れば「日本橋」駅や「大手町」駅など東京都心にも短時間でダイレクトアクセスできる。

JR京葉線「新浦安」駅
JR京葉線「新浦安」駅

エリアの南にはJR京葉線の「新浦安」駅もある。「新浦安」駅もJR京葉線の各駅停車のほか快速も停車し、利便性が高い。JR京葉線なら「東京」駅へ乗り換えなしで移動できるほか、「新木場」駅では東京メトロ有楽町線やりんかい線に乗り換えでき、「有楽町」駅やお台場方面にもアクセスしやすい。また、JR京葉線の「舞浜」駅へもバスなどでスムースにアクセスすることができる。

JR東日本では現在、3ルートの羽田空港アクセス線の整備を検討しており、りんかい線と接続する臨海部ルートが実現すれば、「羽田空港」方面へのアクセス向上が期待できる。

近隣にスーパーマーケットが充実、「浦安」駅周辺の大型商業施設も生活圏内!

日常の買い物に利用できる「ヤオコー 浦安東野店」
日常の買い物に利用できる「ヤオコー 浦安東野店」

東野周辺には「ヤオコー 浦安東野店」、「マルエツ 浦安店」などスーパーマーケットが充実。日常の買い物を身近で済ませることが可能だ。

「イオンスタイル新浦安 専門店街」
「イオンスタイル新浦安 専門店街」

「浦安」駅周辺の「西友 浦安店」や「ダイエー浦安駅前店」、「新浦安」駅周辺の「イオンスタイル新浦安 専門店街」や「アトレ新浦安」などのショッピング施設も使いやすい。少し足を延ばせば、「イクスピアリ」での買い物も楽しめる。

医療機関が充実するほか、先進的な防災対策も実施

「浦安中央病院」
「浦安中央病院」

エリア周辺には「浦安中央病院」や「順天堂大学医学部附属浦安病院」や「東京ベイ・浦安市川医療センター」など高度な医療を提供する病院が揃うほか、「浦安内科消化器クリニック」や「浦安ふじみクリニック」などかかりつけに便利な各科のクリニックも近い。「浦安市健康センター」内には夜間や休日の急病に対応する「浦安市急病診療所」があることも心強い。

浦安市は東日本大震災をきっかけに地域防災計画を改訂し、行政だけでなく市民や事業者が “自分たちのまちを自分たちで守る”ことを重視するようになった。転入手続きを行う際には「防災セット」を無償配布するなど先進的な防災対策でも知られており、災害時も安心だ。

緑に親しめるスポットが身近

「中央公園」
「中央公園」

東野周辺には「中央公園」、「弁天ふれあいの森公園」、「高洲太陽の丘公園」など大規模公園が多く、気軽に緑に親しめる。「しおかぜ緑道」や旧江戸川沿いでは心地よい風を感じながらウォーキングも楽しめるだろう。

観覧車もある「葛西臨海公園」
観覧車もある「葛西臨海公園」

周辺には日本一の集客を誇る大人気の大型テーマパークや、スポーツ施設が充実する「浦安市運動公園」、デイキャンプ場がある「浦安市総合公園」、観覧車や「葛西臨海水族園」がある「葛西臨海公園」などもあり、休日のお出かけスポットも多い。

交通アクセスやショッピング施設、医療機関に恵まれ、豊かな自然も身近な浦安市東野。ここは、安心・快適な暮らしが実現でき、シニアの住まいの場としても注目を集めている。

あわせて読みたい。関連ページ